リチャード・モーガン『ブロークン・エンジェル』

book_Morgan_BROKEN_ANGELS.png
 人間の意識を小さなメモリー・スタックに蓄えることが可能となり、意識の伝送や肉体の変更が可能となった27世紀。元エンヴォイ・コーズであり、地球で 特赦を得たタケシ・コヴァッチは、今はサンクション第4惑星で、政府雇いの傭兵部隊・カレラ機甲部隊の一員として、反政府のケンプ軍といつ果てるともない 戦いの最中にあった。だがそこで出会ったシュナイダーという男から得た思わぬ話。戦いの前線真っ只中のダンダレク海岸、そこに隠されたハイパーキャスト・ ゲートを抜けて出られるサンクション星系の深宇宙に、古代火星人の残した恒星間宇宙船があるというのだ。人類をはるかに凌駕するテクノロジーを秘めた火星 人の遺産を押さえることができれば、莫大な利益を得ることができる。儲け話に乗ったコヴァッチは、収容所に囚われていた考古学者を救い出し、火星人の利権 の独占を狙う企業の重役と手を組むと、訳ありのスタックから選抜したチームを組み、ダンダレク海岸へと向かうが...。

 というわけで、前作 『オルタード・カーボン』以来、待ちに待ってたリチャード・モーガンの新作。つうか正直出るとは思ってなかった(笑)。だって海外系って、鳴り物入りで出 てきてもあっという間にフェードアウトしてしまうのが常だからなぁ。『スカル・セッション 殺戮の脳』、皆が忘れてしまってもボクは忘れてないよダニエル・ヘクト!『Babel Effect』出せよどこか(涙)!プレストン&チャイルドはヘクトよかマシだけど、皆は知らんがワタシは大好きペンターガスト捜査官も『殺人者の陳列 棚』以来全く音沙汰なし。泣くぞ!そんなこんなに比べれば、リチャード・モーガンの刊行ペースは矢継ぎ早と申しても良いでしょう。......海外作品の読みすぎ で何かの感覚が凄くずれてきてないかわし。

 で、肝心の作品内容はといえば...。前作『オルタード・カーボン』は、SFテイストで彩った ハードボイルドストーリーが最大の魅力でしたが、今回の『ブロークン・エンジェル』は逆に、ハードボイルドテイストで彩ったSFでございますですね。一見 単に逆になっただけのように見えますが、リチャード・モーガンがSF書きとしてはもしかして凡庸なんじゃ、という疑念を呈した瞬間、これは非常に重要な問 題になったりする(笑)。ぶっちゃけ、今回の作品の面白さは、ハードボイルド方面にどれだけ価値を見出せるかにかかってマス。前作は本筋がハードボイルド 系だったので、SF部分は(良くも悪くも)彩りで済んだけど、今回はSFのほうが本筋だからなぁ。言いたくないけど、このハードボイルド文法がなかったら この作品、ハヤカワ文庫SFあたりで粗製乱造される並作品とそう変わらないよね...きゅう。まあ中盤の展開が半分くらい、放射能汚染された海岸で考古学者が ハイパーキャスト・ゲートを開けるのをひたすら待ちながら「今朝は歯ぐきから血が出ちゃったよー、明日は吐血するかもなHAHAHAHA!」とか言いつつ (言ってない)グダグダ放射能で弱っていくというどんより展開でカッフン、という事情もありますが(笑)。いやはや。

 とはいえ、標準以上には面白いし、タケシ・コヴァッチはいいキャラなので次回に期待したいわたくしなのでした。いやそれ、今回は駄目だったって言ってるのと同義なんじゃ...(笑)。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1