というわけでここが新天地であります。

 何故にアイギス口調。

 いやー、まったくもう。リムネットがWebサーバふっ飛ばしてからこっち、さっくりとSAKURA Internetにサーバレンタルしてから、今日という日までこつこつこつこつこつこつこつこつこつこつこつこつ新ページを構築し続けて、やっとこ公開できるレベルまで持っていけましたですよ。というわけで、今日からここが新たな『暴走野郎』の新天地でゴザイマス。リムネットで10年くらいやってきてたので名残惜しくはありますが、全域Webサーバ死亡とかはさすがにもう勘弁(笑)。リムの中身は、身売りを繰り返すうちに技術レベルがガタ落ちてたという噂は聞いてたんだけど、それをあんな形で証明されてしまっては、もう、ねえ。さようならリムネット。こんにちはさくらインターネット。ついでに独自ドメインとかまで取っちゃいましたですよ。きゃー。ホントは、さくら申し込み時に、わし内の慣習に習って「majio.sakura.ne.jp」が取得できればそれでよかったんだけど、サブドメインmajioは既に取得され済みだったので(涙。だれだこんなレアな単語でサブドメイン取得したのは)、仕方なしに「saturnalia.sakura.ne.jp」で取得して、これじゃ自分的にも何が何だか、というわけで独自ドメイン取得と相成ったわけで。現在の公式URL「www.runaway-fellows.com」は「saturnalia.sakura.ne.jp」のエイリアスです。全国1億2千万人の『サターン・デッドヒート』ファンの皆さんごめんなさい。

 だけど、ここまでこぎつけるのは血の斑道でございましたですよ。さくらにサーバを借りるのは一瞬だったんだけど、サーバを借りた当時は、リムのWebサーバも絶賛陥落中で、当時のページデータは復旧すらおぼつかない有様。仕方がないので、もう一度、イチからページを立ち上げる決心をしたわたくし。されど、独自CGIによるCMS(Contents Management System)更新に慣れきっていたわたくしは、今更HTMLファイルを手動で書き書きするという石器時代に逆戻りする気にもなれず、さりとて、その更新用CGIは、リムのサーバ陥落に巻き込まれて手元に無い、というありさまで八方ふさがり。そんなわけで、仕方がない、もういちど更新用CGIからイチから書くか...と思っていたのですが、そんな惨状を学生時代の友人にチャットで相談していたら、

  • 友人A:「ウチのページはMovable Typeで構築してるよ。カスタマイズもなんぼでも効くよ」
  • 友人B:「最近は、ページ更新の仕組みは既製品に任せて、コンテンツに注力する、というのが多いね」

むう。何気に説得力のあることを言うねキミタチは。正直、Movable Typeの名前はそこで初めて意識したんだけど、ポピュラーなブログ構築ツールであることはググって数刻ですぐ判明。確かに、今の状態では、再びイチからCGI書くのは労力が過ぎるし、仕組みは既製品にまかせてコンテンツに注力、というのも返す言葉もありませんです。幸い、さくらのレンタルサーバは、能力的にMovable Typeを運用するのに何の問題もなし。独立独歩を宗と成すワタシも、今の状況ではもはや選択の余地もなし。かくして、新天地でのMovable Typeによるページの構築が今、始まったのであった...。

 ...そして終わらせたくなった(涙)。いや、「そこらのブログ丸出しのインターフェースなんてイヤン!がしがしカスタマイズして、極力以前のページのインターフェースに揃えてやる!」なんて馬鹿なことを考えたワタシも悪いんですが、とにかく最初はMovable Typeのページテンプレートが理解できなくて、涙、涙にまた涙。というか血涙。おまけに、Movable Typeのデフォルトテンプレートは、ページレイアウトを全面的にスタイルシートで構築してるじゃあーりませんか。いやー!スタイルシートいやー!なにせワタシは、NCSA Mosaicがやっと現役退くか退かないかという頃、Netscape Navigator2.0が全盛の頃からHTMLを始めた超ロートル。スタイルシートによるレイアウトの概念にはちっともさっぱり付いていけなくて、結局今に至るまでHTMLのテーブルタグでレイアウトを行っていた化石人間。そんなワタシがMovable Typeのデフォルトテンプレートのスタイルシート地獄を解析できるとでも!? ましてやそれをカスタマイズできるとでも!? うううううー!

 ...意外と何とかなるモンですね(笑)。とりあえず、Firefoxの機能拡張「Web Developer」を使うことに思い至ってからは、スタイルシートの解析は鬼のように高速化したのでありました。Web Developerマジ最強。今回みたいなケースでは恐ろしく役に立ったですよホント。そうなれば後はMovable Typeのタグだけ注目すればいいわけで、こっちはまぁデフォルトテンプレートのあちこちから必要なものをもってきたり、ちょいちょいと一部書き直すだけでホイ終了。死ぬほど苦労はしたけど、とりあえず当初目標はほぼ達成できてそれなりに満足したワタシなのでした。ちょん。

 さて、ここからは今までのお客様に対する業務連絡。リムネットのページ(現在は復旧済み)は、当面はこのまま残しておきますが、更新は以後全てこちらで行いますので、ブックマークやリンクの張り替えを行っていただけると幸いです。リムのページ自体も、頃合を見て消滅させます(笑)。ただもちろん、従来の暴走野郎コンテンツはこれからも閲覧可能です。こちらの記事でも書きましたが、旧来のコンテンツは「http://www.runaway-fellows.com/oldies/」に全部展開しました。トップページ左のサイドバーにある「Link」カテゴリの「暴走野郎(旧ページ)」からもアクセス可能です。
 新しいページはといえば、個人的に一番大きいのは、検索機能が使えるようになったことでしょうか。これ、実は前のページ時代から欲しかったんだよなぁ...実装めんどくさくてやらなかったけど(笑)。あと、需要が如何ほどあるか分かりませんが、各記事にコメントが付けられるようになっています。単にコメント機能殺すのが面倒くさかっただけですが(笑)。一方、いわゆるトラックバックは、ワタシがいまいち嬉しさを理解できないため無効にしてあります。ワタシの中のマリーアントワネットも「リンクを張りたければ、ブラウザのアドレスバーに表示されたURLを使えばいいじゃない」と申しております。申しておるのです。ちなみに、ページの賑やかしのため(おい)、2007年度のカテゴリ記事はコピペでこちらに流し込んであります。

 では、こんなわたくしではございますが、新天地でもどうぞよろしくお願いしますです。

コメント(2)

Kulbit :

引越しお疲れ様でした&おめでとうございます。
旧サイトの「大切なお知らせとお願い」がウケました。

コメント機能テストのため、あえてチャットでなく
こちらに書いてみる(笑)。
うまくいくかな?

こじましゅういち :

…そういうことならば、ワタシはこのコメントを返信機能のテストとして用いさせていただきます(笑)。お引越しを経て、また何にもないページになってしまいましたが(おい)、これからもよろしくお願いしますです。ぺこり。

 って、別に返信にも何にもなってないじゃないか。MovableTypeのうそつきぃぃぃぃ…。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1