こぎこぎ嵐山アゲイン(死闘編)

misc_arashiyama_2007_01.JPG
 というわけで、おニューのLGS-RC30号でもって、テスト走行を兼ねて行って来ました嵐山(奥に見えるのは渡月橋)。R3から移植したドリンクホルダーに、小荷物入れ用のサドルバッグに、ガーミンGPSをハンドルバーに装着するためのアタッチメントも装備して完璧です。朝早くに目覚め、空は快晴、絶好の自転車日和じゃあーりませんか。朝飯を腹いっぱい詰め込んで、いざ、いざ!
 ...そして、食べ過ぎた朝食が仇となり、出発早々、10km地点で消化不良を起こして吐き気を催し、口惜しいが大事を取って自宅に引き返すわたくしなのだった。家に着いた時点で往復20km。終了。

 そして再開。とりあえず家でゆったりしたら消化完了して体調回復したので(笑)、嵐山へのサイクリングの思い絶ちがたく、昼の1時過ぎに再出発。片道2時間ほどかかるのは前回(つうか去年)で分かってるので、帰りの時間が遅くなってしまう。おまけに午前中に走った際の足への疲労蓄積がまだ抜け切ってない。天気もなんだか怪しい曇り空。でもそんなの関係ねぇ!
 ...そして往路25km過ぎあたりから、やっぱり関係あると後悔しだしたわたくし(笑)。だいたい、事実上半年以上ブランクのある鈍りきった脚&ロクにポジション出ししてない自転車で、いきなり往復70kmは無理があるぞわし。脚が、脚が死ぬ...。せっかくの高価なロードだというのに、速度が22km/h以上に上がらん...(爆)。いかん、いかんですよ。わしがんばった。わしとってもがんばった。もうゴールしてもいいよね?っていうか引き返してもいいよね?ああ、もうだめだ。引き返そう。
 そんなことを言ってる間に嵐山に到着。死ぬか思た。まあ到着してめでたいめでたい。だが、それまでの行程で、2回も雨に降られました...。おニューの自転車、いきなり豪雨の洗礼。上の写真では分かりませんが、真っ白なフレームにいきなり黒い泥汚れがバリバリです。泣くぞ。
 そしてもちろん、復路は輪をかけて地獄だったわけですが...。速度が20km/hより上に上がりません。雨にも降られました。神様。

 ...とりあえず、帰って即、汚れ落として注油したことは言うまでもない...くすん。

 それにしても、105リアディレイラーの変速性能の高さは異常。R3のSRAM2.0はなんだったんだと思えるほどのスムーズな切り替わりっぷりにメロメロです。でもフロントディレイラーのほうは、シフトアップのときに、ガチャガチャ音が鳴るばかりでなかなかギアチェンジしないんだよなぁ...。そういうもんなんだろか。それとも要調整?

コメント(3)

山猫 :

 こぎこぎお疲れ様でした。
 事故も無く(体調は大変でしたね)無事でなによりです。

 残暑厳しい折に往復70kmは、さぞ堪えたコトでしょう。
 山猫も胴回りのサイズが気になり始めたので、自転車道に踏み出したいと思います。もちろん、軽い気持ちで。幸い京都は盆地なので坂道が多く、距離が短くても脂肪が燃えそう?

実はこの3連休も嵐山まで走ってきました。
天気は良く晴れてて絶好のサイクリング日和だったんですが、日焼けしました…。
いたいいたい。

ちなみに先週は朝に消化不良で引き返した分も含めると、90km走ってます(涙)。
今週は先週のスパルタで脚が鍛えられたのか、脚は大して問題なかったんですが、
スタミナが続かない…。最後の20kmくらいがバテバテです。いかん。
京都はこの嵐山に続く桂川沿いの自転車道がよいですね。大阪・京都界隈の
自転車道はあらかた走ったんですが、桂川沿いの自転車道が一番走りやすくて
良かったです。山猫さんが走る自転車道もそこでしょうか?

山猫 :

連休遠征お疲れ様です。
好天でしたね…さぞ暑かったと思います。

自転車道と洗練された道は良く知らないんです(笑)。
それに、何十㌔も走れませんよ~脚が攣っちゃいますって。

ロードよりクロスバイクに近いので、市内特に市街地で活躍しています。
市内では自転車の方が新しいお店など発見できて、思わぬ収穫もありますよ。
取り立てて申し上げるなら、鴨川の河川敷を走るのが好きですね…西側なら未舗装の砂利道で東側なら舗装された道を走るコトが出来ます。主に繁華街(会社近くの)御池辺りから出町柳の往復がお気に入りですが…川辺で涼むカップルにあてられるのだけが難点かと。
ご存知だとは思いますが、京都近辺はTAXIの運転が荒い(特に市内)ので、車道では注意してくださいね。

いつか、どこかですれ違ったりして…!?

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1