『ARMORED CORE for Answer』

game_ARMORED_CORE_FOR_ANSWER.png
 というわけで今回のお題は、フロムソフトウェアの定番ロボゲー最新作『ARMORED CORE for Answer』(以下ACfA)でゴザイマス。ワタシとアーマードコアとの付き合いは古く、ゲーム屋の店頭でビビっと電波を受信してほぼ予備知識なしで買ったら大当たりの初代からの付き合いでございます。ああ...あのころはマジ面白かった...。弾薬が尽きる恐怖におびえながら廃棄された基地の奥底へと降りていくミッションとかよかった...(ちなみに、初代ACが本来キングスフィールドになるべきデータを流用して作られたと知ったのはまた後の話。なるほど迷宮ミッションが多いわけだ)。最後のラピュタエリアと「ランカーACを確認。ナインボールです」は、まだまだナウなヤングだったわたくしに強烈なトラウマを残したのであった。そらその後10年以上続くシリーズになるわ...。
 だが、その後、長い長い(ワタシ的に)AC迷走の時代になろうとは思いもよらなかったですよ当時は...。明らかにアペンド的性質だった『プロジェクトファンタズマ』はまあおいとくにしても、初代PS最後のAC『マスターオブアリーナ』は、そりゃあもう面白かったものの、正直ミッションはほぼ一本道で、初代のストイックな傭兵家業的雰囲気や、さまざまな陣営から多彩な依頼が舞い込むミッションの多様性が好きだったわたくしは何か違くね?と思い始めたり始めなかったり。PS2に舞台を移した『2』も、初代の焼きなおしミッション多数と、無駄にオペ子にキャラ付けした挙句、それが特に何も生かされず本当に無駄な設定になっていたりとなかなかステキなことになっていたのであった。
 だが君は許すよ『アナザーエイジ』。とりあえず「お前らACで戦ってれば満足なんだろ」と言わんばかりのストーリー皆無っぷり...というか、前作ディソーダーの設定をあっさり放棄する地球でのディソーダー出現とかステキすぎて、変にストーリー偏重だった演出に食傷気味だった独立傭兵のワタシの魂にクリティカルヒット。かと思えば軌道エレベーター・ラプチャーでは、高高度から見下ろす大地と遥か天まで届くエレベーター構造体という強烈なビジュアルを生み出して軌道エレベータ好きのワタシの心にクリティカルヒット。最後は「お前らナインボールやファンタズマと戦ってれば満足なんだろ」と言わんばかりの脈絡の無いボスオンパレード連続で、開発者のその肉体言語にはイエスアイドゥーと答えざるを得ずAC2AA最高と成り果てたのであった。
 だがその後の『3』シリーズは、再びだんだん小手先の追加要素だけが新規性をかもし出すマンネリズムに陥りだし、AC2AAのディレクターが帰ってくる!と死ぬほど期待したNXが、ブースト吹かすだけで廃熱で熱暴走とかする窮屈っぷりと、明らかに途中で投げ出したと思しきストーリーにすっかり失望し、以後長い冬の時代に突入......したはずだったのだが、ひょんなことからやってみたナンバリングタイトルの『4』が思いの他面白かったので、ACfAもあっさり買ってみた次第。ただいまー。

 で、「巨大メカ・アームズフォートと戦える!」というのがウリの一つだったり、トレイラーに出てきているAC・ホワイトグリントがどう考えても前作主人公の成れの果てだったりして掴みは十分...だけど、ACE6で「面白いほうのAC」から「面白かったほうのAC」に転落したエースコンバットを例に出すまでもなく、トレイラー詐欺というのは可能性としてありまくるので実際にプレイしてみるまでは眉に唾つけとかなきゃならんと警戒もしてた今回のACfA、結局どうだったというと、

 最高!

 ワタシが超主観で保証しよう、今回のACfAは買いだ。やっとわしが欲しかったACが戻ってきてくれたよ...!やっとトレイラー詐欺でなくなってくれたよ...!フロムソフトウェアのプリレンダムービーの技術力は異常(一部冗談抜きで実写と見紛う部分がある)なので、トレイラー詐欺発生時のカックン落差もデカかったんですが、今回はちゃんと中身も釣り合ってるよ!...いや、ある意味詐欺なのか。OPであれほど存在感をがもがもと醸し出していたホワイトグリント、実際にゲーム中に出てきたらば、速攻で沈んでそれっきりだからなぁ...何たる坂本真綾の無駄遣い。っていきなり水を差すようなことを言うなわし!

 それはさておき、まず今回のACfAの何がいいかって、多彩なミッションを自由に選べる職業選択の自由が戻ってきたこと。君は特定の企業に肩入れしてもいいし、報酬だけを基準にミッションを選ぶのも自由だby世界樹。最近...というか、大半のACシリーズは、形式上ミッションが選べるようになってはいたものの、実際はストーリーに沿って半強制的にミッションを選択させられるのが常だったから、初代スキーのワタシとしてはこれは本当に嬉しい。特に、「ラインアーク襲撃」or「ラインアーク防衛」のように、あるミッションを異なる立場から遂行できる...というのは、ワタシの覚えている限り、ほとんど初代以来のはず(2008.3.31追記:ラストレイヴンにはこの類のミッションがあるんですねfromコメント欄情報。ACLRはやってなかったわし。すまんです)。初代で衝撃を受けたことの一つだからなぁ、これは。わたしゃ、これこそが、報酬だけでどんな仕事も請け負う独立傭兵レイヴンの立ち位置を端的に示す事象だと思ってたから、今後のシリーズでも当然のように踏襲されるものかと思ってたら、その後のシリーズはショボンなストーリーに乗った半強制ミッション選択の連発で...ううう。だが遂に今回で復活ですよ!しかもちゃんとストーリーも分岐するしな!素晴らしい。特に今回はド外道エンドも用意されてて最高です。個人単位で超大虐殺!あいむあ~しんか~とぅとぅとぅとぅ~。つうか、クレイドル1機に2000万人とか入ってるのか本当に...?
 また、途中で僚機として組んだり、敵として立ちふさがったりするネクストの皆さんも個性豊かで大変よろしい。個人的には、GA系の僚機が特にキャラが立ちまくってて大好きです。ごついGA系ACなのに声がアンバランスにキュート(笑)なメリーゲートもいいですが、ネクストなのに有澤重工の社長でもある有澤隆文&AC雷電がカッコよすぎます。AC雷電は超のつくガチタン、しかも社長固有の超巨大キャノンを背負って登場(キャノンの変形は必見!)。そして超渋い声で「有澤重工、雷電だ。正面からいく。それしか能がない」とか言って雑魚をグレネードでなぎ払う無骨なその姿にメロメロです。社長~ッ!

 あと、今回のウリの一つであるアームズフォートは、半分くらいは張り付いてブレードでさくさくするだけでさっくり落ちるから気にするな(笑)!GA第8艦隊の旗艦AFギガベースを落とすミッションで、VOBまで使って高速接近したっていうのに、いざギガベースに張り付いたら、ロックオンマーカーが何もない船体側面に表示。まさかと思って船体にブレード振ってみたら、いきなり大爆発して吹きました。オペ姐さんが「ギガベースの破壊を確認」とか言ってるし!いやいやいやいや!砲塔を全部つぶさないと駄目とか、そういうのはないのか(笑)!?インテリオル・ユニオンのAFスティグロも、最初に突っ込んできたところをパイルバンカーでとっ突いたら、いきなり「スティグロの撃破を確認」とか言われて即終了。それでいいのかアームズフォート。
 あ、でも、トレイラーにも出てきてる、BFF社のAFスピリット・オブ・マザーウィルと、パッケージにも出てるインテリオル&オーメルのAFアンサラーとは二度と戦いたくないです。スピリット・オブ・マザーウィルは、主砲とミサイル発射口を潰さなきゃいけないのに、その間にも降り注いでくる垂直ミサイルの嵐が痛すぎる。って、フレア持ってけって?ごもっとも...。で、アンサラーの方は、下から近づくのはビームの嵐でまず不可能、仕方がないのでOBで上部にとりついたらミサイルの嵐、とどめは掟破りのアサルトアーマー解放。死ぬっちゅうねん。何回かのチャレンジの後、すげー運良くアサルトアーマー来ない状態で軸に張り付いて落とせたけど...あれ、もう一回クリアできるんだろか...。

 そしてACといえばメカアセンブリ。AC4系統は初期機体を何種類かから選べるようになってますが、前作でシリーズを象徴する機体・アリーヤが、今回は傭兵の安物機体扱いになってて泣きました。それに引き替え、ローゼンタール新標準機の汎用性は異常。右手のライフルと背面武器のチェーンガンでダブルトリガーかけつつ、武装パージなしでブレード使用も可能。右手をローゼンタール製レーザーライフルに変えれば攻撃力もバッチリだ!だが、もーちょっと機能を追求...と、あっちのパーツを交換し、こっちのパーツを取り替えて...とやってたら、気がついたらアリーヤになってました。なんでやねん。
 そしてラインアーク襲撃をクリアしたら、ホワイトグリントさんが遺品に8分裂ミサイル(通称WGミサイル)を残してくれたんですが、

 何この超性能。

 大抵のネクスト戦ではこれさえ撃ってれば事足りるという凄まじい能力のミサイルなのだった。カラードのランクマッチで試し撃ちしたら、敵ネクストのAPを1万近くごっそり削っていって吹きました。その後、ネクスト戦ではコレでエニシンオッケー!とばんばん撃ちまくってさっくり敵ネクストを落としまくるわたくし。つうか、これを両背面に二連で装備しながら何故あっさり落ちるホワイトグリント。だがこの大雑把さがまたよし。これ、新レギュが来たら絶対規制入るだろうな...。
 その他のパーツでは、レイレナードを吸収したオーメルのピーキーなデザインと、アスピナ機関の変態的なデザインが際だってる。オーメルの新標準機は、カラードランク1の水没王子(ラインアークミッションで速攻やられて水没するから)ことオッツダルヴァが使ってるけど、他の企業パーツと併せて使うのはまず不可能なデザインがステキです。アスピナ機関に至っては...あー...お前はそれでいいや...。
 で、武器の方に目を転じると、いつもの奴らに加えて、コジマ汚染砲とかあって変態すぎです。当てたらコジマ粒子汚染でプライマルアーマー自然減衰とか、エコなんて微塵も考えない地球にスパルタンで最高。つうかコジマコジマ言うんじゃねえ(涙)!もはやえんがちょレベルではないか!ギギギギギ!(←トラウマの扉が開く音)

 とにもかくにも、久々に全ミッションSランクとかやってみたくなるACではありますよ!実はまだハードをクリアできてないんですが、これからバリバリやってきますよ!ロボ好きな人も、一度はACに愛想を尽かした人も、手を出す価値はありますですよ。いぇい。

コメント(2)

Anonymous :

>あるミッションを異なる立場から遂行できる
一応ACLRに「発電所警備部隊排除」or「発電所防衛」つーのがあるんですがねぇ

社長砲 :

古王ルート最終ハードはいろんな意味で衝撃でした・・・・

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Powered by Movable Type 6.0.1