Software Update.

 今回のブシドーは強いな...。構えが1ターン消費&維持5ターン限定からマスタリに変化して制限なくなったし、STRがんがん上がるし、どの構えにも単体&範囲属性攻撃持ちとか何それ。敵の攻撃でHP9割持っていかれても都度回復すればなんともないぜ!だけど、斬馬Lv.1とツバメ返しLv.5の与ダメージがほぼ同じというのは解せん(笑)。TP消費段違いなのに。やっぱツバメ返しは最高まで上げないとダメか...。
 などとタイトルと全然カンケーない話をしつつ、タイトルと関係ある話に入るわたくしなのであった。

■ IME WatcherとVISTA
 何だかんだ言いつつ結局それなりに使えているWindows VISTAですが、XPからの移行時に一緒に移行させた数々のソフトのうち、数少ない使えなかったソフトがIME Watcher。XPでも2000同様、タスクトレイにIME状態を表示させるようにするこのフリーソフトは、XP時代はほぼ必携といってもいいくらいの定番だったのだけれど(つーか、IMEをタスクバーにどでちんと占有させるとか何考えてんだマイクロソフト)、VISTAではいきなり使えなくなって涙目になった覚えがあったりなかったり。ところがどっこい、最近ひょんなことから、てっきりただの機能限定版だと思って無視してたIME Watcher reduceならVISTAでも使える、ということを知って歓喜するわたくし。機能限定版でもイイ!と早速入れてみて、ちゃんと動いたので感動していたのですが...これ、全然reduceじゃないな。むしろ機能が増えてる(笑)。「詳細なテキストサービス」とやらに対応したおかげで、Word上でもIME状態が取得できるようになったし(以前のIME WatcherではWord上ではIME状態が取得できなかった、はず)、タスクトレイのアイコンも差し替えられるようになったし、カンペキ大臣ではございませんか。これでやっとタスクバーを占拠してた言語バーを綺麗さっぱりお役御免にできるわい。めでたしめでたし。特にオチはない(笑)。

■ Paint.NET Ver.3.30β1
 個人でWeb用画像の加工をする程度ならもう十分にOK過ぎるフリーのお絵かきソフト、Paint.NETのβバージョンがリリース。今までのバージョンだと、Paint.NET単体でPNGフォーマットを256色に減色できなかったので、Web上の画像フォーマットをもっぱらPNGにしているワタシは涙目だったのですが、今回リリースされたVer.3.30β1からは、ちゃんとPNGの減色にも単体で対応するようになりました。この時点で、今まで使ってきたPaint Shop Proも遂にお役御免です。ホームページ参考書の付属CDに同梱されていたVer.2から、もうかれこれ10年近く付き合ってきた(!)Paint Shop Proですが、Ver.8あたりからグダグダになってきて、結局それっきり。毎回ちゃんと金出して買ってたんだけどなあ。しかしフリーでこれだけのツールがあってはなぁ。さようならPaint Shop Pro。
 ちなみに、これで、現在使ってる数々のWindows用ソフトの中で、金払って使ってるのはDoGAO&O Defragだけだというなかなかステキなことに。しかも、DoGAは静止画作るだけなら実はシェア登録しなくてもフル機能使えるし(おい)、O&O Defragは別に無いなら無いで別に構わんし。たいていのヒトが金払ってそうなウィルス対策ソフトは、Avast!でこれまたフリーに済ませてるわたくし。節制生活万歳。その気になれば、結構なんとかなるもんですね...。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1