俺は32bitをやめたぞジョジョーッ!!

misc_vista64.png

 ...というわけで、拍子抜けするほどあっさりと、Windows Vista Ultimateの64bit環境に移行してしまいました。まあ機能的には何ら変わらないわけですが、メモリ量に注目。今まで使ってた2GB+新しく買った4GBの計6GB。32bit版じゃこの容量は無理だぜ!......こんな大容量、いったい何に使えばいいのでしょう。当てもなく買ったのかよわし。
 ちなみに気になる32bit版との互換性ですが、現状全く問題ナッシング。FirefoxやThunderBird(しかもportable版)も平気の平左で動いてるし、現状使用しているアプリの中で、一番危ないと思っていたDoGAも普通に動いてるっぽい。WOW64(64bit環境で32bit版アプリを動かすためのエミュレーションレイヤー層)がんばった。
 ただ、Windows Media Playerのコーデックがらみはちょっとハマったです。今まで買ったDVDを全部H.264エンコードのムービーに変換して、好きなときにすぐPC上で観られるようにしているわたくしは、H.264のムービーを観るためにffdshowを導入しているんですが、環境再構築中に「やっぱ64bit環境だからffdshowも64bit版だよね!」とかいいつつ軽々しく64bit版のffdshowをインストールしたら、インストール自体は成功してるのに、いざWMPで再生すると動画が表示されない罠。ガッデム。されど慌てず騒がず「ffdshow 64bit」でググるとあっさり原因判明。64bit版Vistaは、32bit版WMPと64bit版WMPの両方を抱えてて、普通に関連づけとかでWMPを立ち上げると32bit版が立ち上がるようになってる模様。だけど、64bit版のffdshowは、当然64bit版の方のWMPにしか適用されないので、32bit版のWMPでいくら「映像表示されねぇ!」と騒いでも無駄だったというオチ。で、ググり先のページを参考に、デフォのWMPを64bit版に変えたら、あっさり解決。よく見てみたらば、Windows者にはおなじみのProgram Filesディレクトリも、本来の64bitネイティブのアプリを格納する「Program Files」ディレクトリと、32bitネイティブのアプリを特別に格納する「Program Files (x86)」の2種類のディレクトリが存在してたりしたのだった。従来の32bitアプリは全部「Program Files (x86)」の方にインストールされるっぽくて、64bitアプリだけが、「Program Files」の方にインストールされる模様。レジストリの方も、32bit系と64bit系でツリーがばっさり分かれてるっぽいなぁ。ややこしい...。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1