絶命異次元くりあー。

 Military Suits
 超ダセェェェェェ(涙)!!

 ......何あのテディベアとストームトルーパーを足して二で割ったような和む容貌は。ボクの無骨な作業員用RIGを返して...返してよう...しくしくしく......。
 というわけで『Dead Space』クリアー。最高でした。Hive Mindとか、ラヴクラフト御大が見たら即座にSAN値爆下げ必至の偉容でございましたですね。みんなAmazon.co.jpとかプレイアジアとか使って買うんだ!英語出来なくてもゲーム進めるだけなら問題ないんだぜ!なんなら攻略どころか対訳も載ってるwikiとかもあるんだぜ!イェイ!
 それにつけても、『Gears of War 2』は結局日本で発売出来ないという話もあるし、ワタシのスプラッタでゴアなゲームライフにCEROが本格的に障害になってきましたですよ...?CEROの役人はBlack Markerと一緒に全員USG Ishimuraへ移住の刑。もしくはLine gunのセカンダリファイアをCERO本部に百万発とか。ウウウウウウ!

 ...というようなこととは全然関係なく、今日は(今日も)物欲関係。

■ プリペイド式定額。その発想はなかったでござるの巻

 ワタシのような重度ネット依存患者にとって、常時オンライン環境は大変に重要な要素。つうか禁断症状だろそれ。それはともかく、可能であれば、モバイルPCとデータ定額環境を準備しておきたいと思うのは、備えあれば憂いなしの心境としては大変自然な流れでありましょう。だから禁断症状だろそれ。
 その際、最大のネックとなるのは、やはりデータ定額環境の料金。ワタシはドコモユーザーで、ドコモは一応データ定額サービスを提供してはいるのだけれど、ワタシの場合、その料金は最低でも月当たり4000円、最高で月当たり9300円......無いわー(涙)。いや、データ定額にはあこがれるけど、数ヶ月に一度使うか使わないかのサービスに、毎月ン千円とかはさすがにあり得ない。ちなみに、PC等で使うためのデータ定額は、端末単体のパケット通信の定額制であるパケホーダイとかとは別物です。泣けますね。基本料×2台分とか勿体なさすぎです。ギニャース!

 ところで、最近はいわゆるネットブックという割安ノートPCが流行ですが、量販店のネットブック売り場に行くと、大抵ネットブックとイーモバイルのデータ通信端末が抱き合わせで売られている模様。何だってイーモバイルばっかりなんだ?と思いつつ、一応サービス形態を調べてみるわたくし。通信速度はともかく、どうせ多かれ少なかれ月割りの基本料がねぇ...と思っていたら。

 プリペイド式定額(EMチャージ)ですと?

 ......もしかしたら世間一般では既に常識だったのかもしれないけれど、ワタシはこの料金体系のことを、この時初めて知ったのでした。端末自体の費用を別にすれば、基本料一切ナッシング?使いたいときに使いたいだけチャージすればそれでOK?単位は1日から?それだよ!ワタシの求めていたものは!たとえば、長期休暇中の旅行の時だけ、限定的にリーズナブル常時通信環境可能とか、まさにワタシの求めていたサービスだよ!やるじゃないかイーモバイル(ビシイッ)!
 さて、最大の懸案であったデータ定額料金に一応の解法が見えた今、残る懸案はこんなところか......。

(1) モバイル用のPCを調達する必要がある
 それこそネットブックを買えば、まあそれなりの出費に抑えられるけど、「買えるときは許容できる限り満足できる物を買う」というワタシのポリシーが、SSD搭載レッツノートRがいいよ~、とか価格無視で囁きやがるので、そこを我慢できるかどうかが鍵。

(2) イーモバイルのサービスエリアは基本都市部のみ
 たとえば、ひなびた温泉宿に逗留して、さあ温泉上がりのブラウジングだ、とかいうときに、ひなびた温泉街ではつながらない可能性があるわけだ。ギニャースッ!

(3) 出不精なので旅行に行くことなどまずない
 ...今までの話は何だったんだ。
 ギャフン。

■ 乾電池を替えたらワイヤレストラックボールの感度が良くなったでござるの巻

 以前、ワイヤレスのトラックボールの話をしたときに、ときどき通信状態が悪くなる、ということをちらりと書いたのだけれど、あるときふと思ったのさ。トラックボールを裏返すと、裏には、定格1.5V, 30mAと書いてある。電流値の方はさておき、問題は電圧。使い捨ては性に合わない(捨てるのが面倒くさいから)ワタシは、トラックボールにセットする電池に、市販の充電池を使っていたのだけれど、(普通の)使い捨て単三電池の電圧は1.5Vなのに対して、充電池の電圧はたいてい1.2V。定格の80%しかないやん!まさかまさかと思いつつ、コンビニで普通の使い捨て単三電池を買ってきてトラックボールにセットしてみると、あらまあ今までが嘘のようにヌルヌル動くではありませんか。ガッデム!
 かくして、ワタシのデスクトップ用ポインティングデバイスは、晴れてCordless TrackMan Wheelが復帰し、タッチパッドは短い栄光の座を降りることに相成ったのでした。ギャフン。

■ iPodのBluetooth化環境は快適でござるの巻
 これまた以前、iPod用Bluetooth用アダプタSBT01と、ヘッドセットのモトローラS9の組み合わせについて触れたことがあるけど、その後、使い心地はどうかといろいろフィールドテストしているわたくし。とりあえず、SBT01接続したiPod touchを鞄に放り込んだりしてるけど、基本、ヨドバシやビッグカメラのPC売り場以外では全く問題なく音楽を楽しめます。PC売り場のジャミングっぷりは凄まじいな...。立ち入るだけでBluetoothのコネクションが完全に途絶するぞ。
 あと、色々試してみた中で、シャツの胸ポケットにiPodを入れたときのみ、受信状態がダンチで悪化した。一体何なんだこれ。とりあえず、人体密着に近いということで、人体がBluetoothの電波をがもがもと吸収してしまう、という仮説を立てているのですが、だとするとわしはBluetoothに超被爆状態なのか。ぐあっ!

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1