俺はVista64bitもやめたぞジョジョーッ!

misc_20090118.jpg

 さようなら64bit版Vista。こんにちはWindows7ベータ。しかもいきなり64bit版。アップデートは恐ろしくあっさり行きました。いや、DVD-Rに焼くのが面倒だったので、いったんVista64bit版をクリーンインストールし、その状態から、あらかじめDaemon toolsでISOイメージから取り出しておいたファイルを全部格納したUSBメモリをぶっ差して、setup.exeダブルクリックでアップデート、という訳の分からん似非クリーンインストールな手順を踏みましたが、それでもまああっさりと。あ、その前にRAIDボードだけは外して、素のX25-Eを直接接続してます。さすがにRAIDまで一気に試す気にはならなかったわたくし。だがいきなり64bit版でシステムドライブがSSDか!チャレンジングだなオイ!

 で、触っての雑感ですが、とりあえず、起動がXPレベルまで高速化されててビビるわたくし。ホントにVistaベースなのかこのOS。新しいタスクバーはぶっちゃけMacOS XのDockだけど、とりあえずこれで贅沢言わなきゃランチャー要らずなのでうるさいことは言わないでおくわたくし。操作感は、全体的にVistaよりも何かきびきびしてるような気がします。よいことだ。アプリケーションの互換性も、Vista64で動作実績のある、ワタシが使うレベルのアプリならば何の問題もないっぽいです。DoGAも動くし、DVDリッピングしてムービーエンコードも問題なし。OKOK。ウインドウを上や左右に押しつけてフィット変形!とかの新機能は全然使いこなしてません。駄目じゃないか。あ、あと、今回のWindows7は、デフォで壁紙チェンジャー的な機能が搭載されてるんですが、それらの中で、プリセットで登録されてる「日本向けのテーマ」の壁紙群が非常に秀逸でかなりお気に入り(上の画像もその中の一枚)。わーい。

 とりあえず、現状目に見える問題点は動画再生。いや、素の状態で、DivXエンコードされたAVIが問題なく再生できたときにはWindows7スバラシイ!と歓喜したものですが、H.264でエンコードしたAVIは、デフォで再生はできるものの、何か動きがカクカクするです......。Media Player Classicを落としてきてそいつに再生させたら、問題なく再生されるんですが、Media Player Classicは内部にコーデックを持っていたはずなので、これはWindows7が抱えてるコーデックそのものの問題なんだろなぁ......。ダメ元でffdshowとか入れてみましたがやっぱり駄目。そもそも、AVIのビデオ圧縮にH.264を使うのは規格的には範囲外、みたいな話を昔どこかで目にしたので、なら正規のmpeg4ならいいのか、とMP4動画を作成してみましたが、デフォでWMPと関連付けられてちゃんと再生されるものの、動画のサイズ指定がまずいのか、動画の下端が何か化けてる。でも同じファイルをQuickTimeで再生したらちゃんと正常再生。泣くぞ。Windows7側が悪いのか、それともこっちのエンコード設定が悪いのか切り分けられないところがまた泣けます。すんすん。誰かWindows7対応のffdshowかコーデックパックでも作ってください......。超他力本願。

 しかし、何と言ってもまだベータ版で、RC版ですらないわけだし、これからの改善にもまだ十分希望が持てるだろ。しばらくはこのまま常用してみます。今度気が向いたら、ASUS S101にもブチ込んでやろう。ヒドイ(笑)!

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1