シュミクラム風味

doga_trial_one_wallpaper.jpg
「蹴」 (1280×960, 306KB)

 ......いやなにこの不思議時空。

 それはさておき、何かあれば即座に影響されまくるこのワタシ(えっへん)、今回は『バルドスカイ』をプレイしたおかげで、見事に「シュミクラム風味ロボを作ってみたい症候群」に罹患し、GWあたりからうおーと作ってた結果、見事にシュミクラム風味(ワタシ的に)なロボが出来上がったのでありました。とっぺんぱらりのぷう。

doga_trial_one_2.jpg それで終わってはどうしようもないのでもうちょっと続けると、シュミクラムといえばロボなのに殴るわ蹴るわのアクティブっぷりなので、当然今回作るロボも同じような動きはできにゃならん!というわけで頑張ったわたくし。しかも、今回は関節もちゃんと作ろうとした結果、特に肩と腰・大腿部にしこまれた関節量が恐ろしいことに(これについてはちょっと説明が必要かもだ。DoGAの多関節物体における「関節」は、実質的には球体関節で、360度自由に回せる。だから関節の動きに嘘をつこうと思えばいくらでも嘘はつけるんですが、今回は可能な限り、回転軸ごとに別関節を分けて設けて、そういう関節の嘘を極力減らしたわけさ。まだ結構嘘残ってるけど!)。だがその甲斐あって、狙い通りのアクティブなポーズを取らせても、ちゃんとさまになるロボが出来上がったのでありました。もうDoGAでロボを作り始めてずいぶん経つけど、ページタイトルのように膝立ちしたり、冒頭の画像のように、体の側面方向に足を広げることができるロボは、何気に初だったりします。でも、各パーツのクリアランスを確保しようとした結果、装甲がすっかんすっかんに。一発撃たれたら即死するよね、このロボ......。

doga_M1L1.jpg あと、実はこのロボ、GW明けには既にほとんど完成していたんですが、手に持たせる武器の制作が超難航して気がついたらこんな時期に。本当はP90みたいなサブマシンガンを持たせたかったんですが、DoGAのパーツだと、どう組み合わせてもP90っぽくならなくてウキー。結局、エイリアン2のパルスライフルと並んで好きな架空銃である、『ザ・グリード』登場の中国製アサルトライフル・M1L1三身突撃銃っぽいのを(また)作ったのでした。スコープ外してるけど。

 というわけで例によって、例の公式ロボパーツ導入すれば、例によってナイスにエンジョイできる元データも置いておきます(M1L1付き)。ほふー。ちなみに今回から、サムネイル画像の除去を止めました。昔のダイアルアップ時代ならともかく、今のブロードバンドだったら、サムネイルの有無で対してサイズにインパクトないしね。
 ......っていうか、今に始まった疑問じゃないけど、誰かこれ、使ってくれてるのかなぁ......。駄目だ!それを考えては駄目だ(笑)!

 trial_one.zip

コメント(1)

Anonymous :

スカイはまだやってない私にはエステバリスに見えるぜ

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Powered by Movable Type 6.0.1