2009年6月アーカイブ

現在25時間連続稼働中

 ええ、金曜日の午前11時に起きてから、今日(土曜)の正午現在でまだ一睡もしてませんとも。まあ、金曜の夜に夜勤があると分かっていながら、欲望に負けて『トランスフォーマー・リベンジ』の先行上映を観に行ってしまったワタシが悪いんですが。さあ、生活リズムがだんだんフリーダムになってまいりました!

 で、期待の『トランスフォーマー・リベンジ』ですが、

 素晴らしい!!

 素晴らしい!素晴らしいボンクラロボ映画だ!前作の頭の悪さ(褒め言葉)はそのままに、予算だけが正しくブローアップされた結果、絵ヅラだけがえらいことになってる素晴らしい傑作と化していたのであった。オートボットと米軍が組んでディセプティコン掃討チーム・ネスト部隊を構成しているという設定だけでワタシには御飯三杯モンですが、とりあえずオプティマスプライムの車トランスフォーム形態全否定の初登場シーンが素晴らしすぎる。「武器のないステルスでどう戦うのかな?」の映画のF-117発進シーンを思い出してしまったですよわたしゃ。あと、前作でスコルポノック一体に散々な目にあったにも関わらず、相変わらずアサルトライフル一丁でディセプティコンズに立ち向かおうとするネスト部隊の方々には、スターシップトゥルーパーズ的な超漢気を感じずにはいられません。他にも、サムのママは前作にも増してウザくなってるわ、バンブルビーは呼ばれて飛び出るわ、オプティマスの口が超悪くなってるわ(「このブリキのクズめ!」とか「お前の顔を剥いでやる!」とか正義の味方の台詞じゃないよ!)、ブラックアウトがなぜか復活してて一瞬でちょんぱされるわ、アイアンハイドは前作からは想像もつかない立派な副官ぶりだわ、途中でなぜかターミネーターが始まるわ、インディジョーンズが始まるわ、クライマックスは敵味方入り乱れてのドンパチだわ、米軍の超兵器は炸裂するわ、結局最後は「エップス、国防総省だ!」「レノックス!爆撃が来るぞ!」。そして立ち上がるスーパーコンボイ!つうかお前はもうちょっとジェットファイアおじいちゃんに敬意を払え!

 ......なんだかよく分かりませんが、かように素晴らしい作品なので皆見るように。いやどんな映画なんだよコレ。

佐川急便......

月曜日......
 今日はアマゾンに頼んでおいた品物が届く日だな。昼間は仕事でいなかったけど、まあレオパレスは宅配ボックスがあるから問題なく入れておいてもらえるだろう。さて帰宅。おお、不在票が入ってる。さて、宅配ボックスの暗証番号は......って、

 「本日不在でしたので持ち帰りました」

 ......さ~~が~~わ~~!!!

 泣く泣く、在宅日に再配達の手続きを取るわたくし。

そして今日......

 一応指定の時間にちゃんと再配達に来たので、今度は手渡しで受け取るわたくし。次からは宅配ボックスに入れろとさすがに文句を言いかけたワタシの機先を制して、佐川の配達のおっちゃんが一言、

 「事務所の方から宅配ボックスに入れておけばいいって聞いたんですけど、これって、どうやって使えばいいんですかね?」

 ......さがわ......(涙)。佐川急便の研修担当者、せめて宅配ボックスの使い方くらい研修させておいてください......。故意に持ち帰ったとは思ってなかったけど(こっちにも向こうにも全く利がない)、まさかこんな斜め上の理由とは。え、ワタシがどうしたかって?もちろん佐川のおっちゃんに宅配ボックスの使い方を懇切丁寧に説明しましたですよ。また持ち帰られたら困るからな(涙)!

 ......それにしても、おおらかだな、富山......。

夜の勤労中

 時間は超夜中の午前2時。普段ならそろそろベッドに入ろうかという時間なのだが(つうか、普段もこの時間までは起きてるのかよわし)、工場の夜勤では、この時間が昼で言うところの昼食タイムなのだ。P3生化学防護服的な何かを脱いで、ぺたりぺたりと食堂へ移動するわし。夜勤の場合、昼食というか夜食は、会社がサービスしてくれるのだ。わーい......ぐー。とはいえ夜勤でもやはり腹は減る。とはいえ所詮は夜中なので、普通の定食レベルの量でも結構重い。昨日の夜勤では、明け方までずーっと食べたものが胃にもたれて辛かった。今日は控えめにしておこう......。

  わし「ごはんくださーい」
  店員「はいどーぞー」
  わし「おかずくださーい」
  店員「はいどーぞー」


 ......今日のおかずはちゃんと量が控えめじゃないか。昼間だったら苦しいけど、夜中の今はこれくらいの量がむしろありがたい。あとは味噌汁で、量控えめでバランスの取れた夜食は完成だね!んじゃ、注文を......。

  わし「おみそしるくださーい」
  店員「すいません、今日はうどんかそばかのどっちかなんですよ」

 ......はい?

  わし「じゃ、じゃあ、軽そうだから、そばで......」
  店員「はいどーぞー」


 そして、大どんぶりに一杯の肉そばがどーんと目の前に......。

 何だよこの炭水化物地獄(涙)!

 そうと知ってたらご飯は取らなかったよ!結局、昨晩以上の胃のもたれを抱えたまま、翌朝8時過ぎまで働くことになったのでした。とっぺんぱらりのぷう。

 というわけで、昼夜昼夜が延々続く工場勤務が開始されたわけですが、今のところは何とか生きてます。というか、夜勤は、休憩室とかにいるよりも職場にいた方が楽なのだわ......。何せ今の職場は、三重のエアロックを通り抜けた先にある、昼も夜もない超☆密閉空間なうえ、壁を走るパイプには、浴びたが最後、初代『ロボコップ』ラストバトルで貯蔵タンクに突っ込んでどろどろになった挙句、最後は車にひかれてドシャアアア!と飛び散るクラレンスの部下状態になること必至の超危険な薬剤が循環している超デンジャラスゾーンであり、区画によっては、作業工程の関係上、区画全体がオレンジ色の照明で満たされており、そこに踏み込んだが最後、眼球にオレンジ色セロファンが張られたのかと思うくらい単色オレンジ空間なのに、端末のモニタだけが総天然色で気が狂いそうになるトワイライトゾーンなので、昼夜の感覚を喪失するのは比較的容易なのだった。どこまでが本当なんだよ。にやり。

 そんな中でも、ワタシは比較的今まで通り生きてます。

■ 『スター・トレック』観ました。
 インフル待機中に見に行けなかったので、こっち(富山)来てから最寄りのTOHOシネマズまで遠征して観に行きましたですよ。で、どうだったかというと、
 これは素晴らしいな!
 『ダークナイト』以降、ひさびさに心底満足した映画だったですよ。誰にでも楽しめる娯楽大作という意味ではもっと久々。CG等のビジュアル面はもちろんとして、勝因は、各登場人物ごとに、ちゃんと見せ場とドラマを作ったことではないでしょうか。冷静に考えると、エンタープライズ、別に艦隊戦とかやってないんだけど(笑)、その点は大して気にならないのは流石。SF宇宙ものが観たいのなら超オススメよ!

■『ターミネーター4』も観ました。
 あー、80年代のレンタルビデオ屋のB級SF棚には、こんな感じの作品が死ぬほど詰まってたような気がするんですが......。そういうB級作品を、内容をブローアップせずに現代の技術と金を死ぬほどかけるとT4になります、みたいな。いや、別に悪い作品じゃないけど、ものっそいフツーの世紀末SFでした。謎の男マーカスはいい味出してたけど今作限りだしなぁ。アメリカで微妙にコケた、と聞いたときにはまさかと思ったけど、これは、まあ、なあ。

■文化女中器、導入。
 ハインライン先生、夏への扉はどこですか!というわけで、iRobot社のルンバを導入しました(笑)。いわゆるお掃除ロボットです。見た目は大型フリスビーですが、ボタンを押すとピロリロリン♪という起動音とともに充電器から離れ、部屋中を走り回って床掃除をしてくれます。終わるとピロリロリン♪という音楽とともに充電器に自動的に合体。素晴らしい。これは思った以上に素晴らしい。面倒臭い掃除の手間とはこれでもうおさらばだ!......だけど、元の大阪の部屋だと、床にいろいろ散らばってるから、まずそれを片付けてからだろうなぁ。さすがに後片付けまではしてくれないルンバ。ハインライン先生、文化女中器への道はまだまだ遠いです......。

■今日のエルミナージュ
 まだ指輪集めなんてまだまだ先の話だよな......とか思ってたら、あれよあれよという間に2つも集まった......。つうか悪の巫女弱い。むしろ取り巻き連中の方が強い。エルフの王様にカーバンクルジュエル手に入ったよー、とダンジョンから出たその足で報告に行ったら、いきなり「アンホーリーチャペルです。死の鐘を鳴らしました。3ターン後にあなた方は死にます」とか何の冗談だ。FF4のアーリマンだってもうちょっと待ったぞ。でも3ターン目に見事撃滅。いい感じにレベルも上がってきたし乗ってきたぜ!あふう。
「まさひろくんのお父さんは、どんなお仕事をしているのかな?」
「先生!ぼくのお父さんは、P3レベルの生化学防護服みたいな格好をして、箱を右から左に運んだり、箱を左から右に運んだりする仕事をしています!」


 ......新しいおしごとはだいたいそんな感じでした。あと、箱をぶつけたり落としたりしたら死にます(社会的に)。箱を開けたり閉めたりもします。箱の中身をぶちまけたりしても死にます(社会的に)。何を言っているのか分からないと思いますがワタシもまだよく分かってません。今はまだ元気ですが、夜勤が始まったら死ぬと思います(精神的に。あと睡眠的に)。

 アメリカではE3が開催されて、いろんなゲームメーカの新作で百花繚乱のご様子。とりあえずコジプロ関係はZ.O.E.の続編がなかった時点で心底どうでもいいので、目下のワタシ的注目は『Assasin's Creed 2』。今回の主人公はアルタイルさん風ファッションのイタリア貴族・エツィオさん。オフィシャルトレイラープレスカンファレンスでのプレイ映像の内容を、えいご漬けで僅かにエンハンスドされた超ヤバイ英語力で聞き取って判断した限り、

  • エツィオは両親?の復讐のために戦っている。前作のアルタイルさんが属していたような、アサシン教団の関係者ではないっぽい。
  • レオナルド・ダ・ヴィンチが協力者の一人。プレイ映像では、ダ・ヴィンチのハングライダーを使って飛ぶエツィオの姿が。一番最初に公開された予告ムービーを見る限り、エツィオが使っている短銃一体型のアサシンブレードを発明したのもダ・ヴィンチかもだ。ちなみに史実でも、ダ・ヴィンチはホイールロック式の銃の構想をメモに残している。
  • アルタイルさん同様、エツィオさんも当然フリーランを完全マスター。もちろん、イタリアの人たちは屋根を駆け回ったり壁をよじ登ったりするエツィオさんを見て「うわ、何だあいつ」的なひそひそ話をするんですよね?ちなみにエツィオさんはちゃんと泳げるようだ。アルタイルさん......良かったね......子孫がカナヅチを克服してくれて......。
  • エツィオは初期状態でアサシンブレード以外の武器を携行していない。ただしアサシンブレードは両腕とも装備。プレイ映像では、ダブルアサシンブレードで2人を一度に即始末、という華麗なる暗殺技術を披露。それ以外の武器は、襲いかかってくる敵の武器を強奪して使用。プレイ映像を見るに、前作のカウンター操作が、敵武器強奪の操作になっているのでは?プレイ映像では、敵兵から斧や槍を強奪して使用。あと煙玉なんかもあるみたい(逃走用)。
  • 今回の敵兵は、わらの中もちゃんと調べてくるし、ベンチに座ってても顔を確認しにくる。プレイ映像冒頭で、ベンチに座ってるエツィオさんが、通りすがりの敵兵に即あやしまれてて超ワラタ。うん、あの白装束はどう考えても忍ぶ気ナッシングだよな。
  • 暗殺成功時のエフェクトがパワーアップ。あのエフェクトは、前作やってない人間には何であんなエフェクトなんだかさっぱり理解できないだろうなぁ......。

 ......ともあれ、アメリカじゃ11月17日あたりに発売らしいので、日米同時発売を切に希望する次第であります。前作はイスラムチャンバラ観光ゲーだったので、今回はイタリアチャンバラ観光ゲーであれば満点です。ハリー!

オンライン復帰 in 富山

 というわけで、遂に富山に吹き飛ばされてしまいました。現在会社借り上げのレオパレスでこれ書いてます。レオパレスに入って最初にしたことは、備え付けのテレビをそぉい!と引きはがして、ベッド下の収納に放り込むことでした(笑)。で、そこに関西から持ち込んだデスクトップPCをそぉい!と設置。いや、少なくともワタシが放り込まれたレオパレスは、コンセントやネットワーク端子の位置が、ワタシ的に悪い意味で絶妙で、テレビの位置にしかPCを置けなかったのよ......。それ以外だと、電源ケーブルやネットワークケーブルが部屋のど真ん中を縦断することに。ギニャース!

 ちなみに、PCはおろか、DSもXBox360も持ち込んでるので、結局のところ、普段の生活は大して変わらないと思います(笑)。しかし、レオパレスには家具が完備と聞いていたけど、さすがに掃除機までは置いてないんだね......。うーむ、これを機に、かねてより密かに検討していた、文化女中器の導入プロジェクトを実行に移すべきか......。
Powered by Movable Type 6.0.1