2010年4月アーカイブ

いまじっかにいる。

 GWだし。だが明日からは岐阜の山奥にこもる予定。いや、親の別荘(未だにこの響きに慣れない超中産階級精神構造のわたくし。まあ別荘っちゅうかちっちゃなコテージですが)に行って自然に慣れ親しんでくるだけですが。レインボーマンになって帰ってきたりはしません。だがそれでもDSとiPhoneは手放さない!自然と慣れ親しめよわし。それ以前に、はたしてソフトバンクの電波は岐阜の山奥でも入るのだろうか......。

 『Dead Space 2』デビュートレイラー最後のマスク装着シーン超カッコええ!カッコいいけど、僕らのダサカッコいいアイザックさんはどこに行ってしまったんだ(笑)!発売日は2011年のQ1らしい。CERO規制で内容オミットされるならもうローカライズなしでもよし!ロケーターのホログラフィ誘導でイナフだ!だから、だから早く遊ばせて......。

世界樹3ちゅうちゅう。

 すいません、先週はコレで更新サボってました。現在第4層の落し格子の間でFOEと追いかけっこ中です。うふふあはは。ワタシに追いついてごらんなさ~い。うふふあはは。
 それはさておき、第3層で海都側に媚び売って、ついに ねんがんの ショーグンを てにいれたぞ!......なんですが、何あの紙装甲。軽鎧すら装備不可で、防具面で言ったらゾディアックと同レベルて。お前ビジュアルはブシドーより明らかに重装備じゃねぇか(涙)!しかも介錯のネタスキルっぷりには涙が止まりません。HPが閾値切ったら、敵味方関係なく即死発動とか、何この......何?敵にすぱすぱ即死発動してたから思ったより便利じゃないか、と思ってたのもつかの間、ライギョの電撃を食らったときに、前衛のウォリアーと、他でもないショーグン本人をディバイドガードして電撃から庇ったファランクスを、次の瞬間に連続して介錯して前衛壊滅したときには、もう泣いていいのか笑っていいのか分からない心境に。しかもウチのショーグンはサブクラスがウォリアーで、アベンジャー(パーティ内に死人が出たときにHP回復)が発動して微妙につやつやしやがるショーグン。そして次の瞬間には、敵から集中砲火を浴びて本人も死亡するショーグン。そしてそのままhage。なんだこれ。なんだこれ。世界樹っちゅうかウィズ系は妄想してナンボなところがあるけど、この介錯だけはどう妄想に組み込めばいいのよママン!隙あらばパーティメンバーを切り捨てようと手ぐすね引いて待ってる超☆危険人物だぞコイツ。そもそもこんなのをパーティに入れることを決定したギルドはどこかおかしいとおもいます。いやギルドマスターはわしか。


 それはそうと、今回はボス戦のBGMがいちいちカッコよすぎて困ります。なんか今回は全体的にアップテンポな曲が多いなボス戦。大航海クエストのボス曲もいいし、個人的には階層ボス戦が至高過ぎてもう。ドラム刻みすぎ、メインのメロディーラインがソーサリアン過ぎて鼻血が!鼻血が!いや古代祐三だし。やっぱFM音源には癒し効果があるよ絶対!こりゃええわあ......。

 てなわけで、世間的にはiPadが何かと話題になるなか、皆様いかがお過ごしでしょうか。iPadは、新しいもの好きとしては興味は非常にあるんだけど、日本では電子書籍が展開されない以上、現状、用途がさっぱり思いつかんのがネック。電子化書籍読むのも含めて、現状ではiPhoneで全てできる、というかiPhoneでできる、しかもiPhoneは容易に持ち歩ける、というアドバンテージがありすぎる。むしろ最近リーク情報でお騒がせだった次世代iPhoneの方が気になるわい。現状iPhone 3GSでかなり満足してるけど、次世代機じゃHD解像度になるという話もあるな......。いや、HD画質になるのはいいけど、それだったら、iPhoneで再生できるH.264のエンコード形式も普通のPC相当にしてほしいな。現状、PC用とiPhone用とで、いちいち別設定でエンコードしなきゃならんからなぁ。後はカメラか。カメラの性能が上がってくれれば言う事はない。まあたぶん買うんだろうなぁ......新しいもの好きだし。でもさしあたりは、マルチタスクとかフォルダ整理とかに対応したというiPhoneOS4.0が楽しみ。

世界樹3ちゅう。

 のんびりやって、現在やっと第2層。パーティはシノビの代わりにバリスタが加入しました。いや、シノビは固有スキルでTP最小の含針マシーンとして大活躍中だったんですが、基本脳筋パーティなので属性攻撃ができず、条件ドロップが狙えねぇよ!というわけでシノビを二軍に落とし、バリスタを導入と相成った次第。というか、おっぱいバリスタは性的すぎるとおもいます。
 しかし、今回の世界樹は本当にスパルタンやね......主に金銭的な意味で。2層に入っても全然金回りが楽にならないよ......。そしてそんな中、ガンガン上昇していく宿代。あのガキ、可愛い顔して絶対糸目の一族......!

 本屋に行ったら、リチャード・モーガンの『オルタード・カーボン』が文庫化していた。なんと!『オルタード・カーボン』はワタシの大お気に入りの一つだからみんな読むといいよ!でも『ブロークン・エンジェル』は文庫化しても別に読んでもいいし読まなくてもいいよ!
 しかし、『ブロークン・エンジェル』以降、リチャード・モーガンの名前はとんと聞かないので今何やってるのかなぁ......とか思ったら、『Crysis 2』のシナリオ担当とかしてたのか。モーガンとゲームは意外と相性良さそうな気がする。

フェアリイ・春

 そういえば、4月1日付で昇進しました、一応。去年末の超☆精神不安定状態もなんとか実を結んでございます。しかし気分はマース勲章を貰った天田少尉状態。分かる人だけ分かってください。

 Afterimage Resource Meterが、今出てる週刊アスキーの『煌ウィンドウズ7道場』で紹介されました。ありがたや~ありがたや~。デザインが良いとか言われちゃってきゃー。自分の作ったものが商業媒体レベルで紹介されると感慨深いものがありますですね。ちなみにこういう経験は、実は今回で2度目。かつて、作ってた当時のDoGAロボのデータがTechWinに収録されたことがありますです。その当時はヒャッホイしてたんだけど、それを見たDoGAの作者さんに、日記で「DoGAは商業利用は許してないんだけどなぁ」的なことを書かれてしまったのは苦い思い出。いや、ある日編集者と思しき人から「あなたのDoGAロボデータを収録させて~」的なメールが来たので、元々フリーでぱーっと公開してるデータだしどーぞどーぞ、と快諾した結果がこれだよ!いやワタシ、今回のガジェットもこのDoGAデータも、収録による対価は一切貰ってないよ!いや......TechWinの方は、後で収録された回の見本誌がもらえたな......。ごめん貰ってた。くすん。
 ちなみに今回のAfterimage Resource Meter、壁紙に溶け込むシンプルデザインがご好評を戴いている一方、壁紙が明るいと見にくいよ!という不評もあって、こちらも作者たるワタシは把握はしております。対策は一応検討はしたのよ?方法は大きく二つあって、ガジェットのバックに不透明の背景を入れるか、文字色そのものを反転させて、明るい壁紙とのコントラストを稼ぐか、だと思うのですよ。だけど前者はコンセプト的に却下。いや、ガジェットで壁紙隠されちゃうのがイヤ、というのが、こういうデザインになった大きな理由の一つだし。あと、ガジェットの描画領域を目一杯使って画像を配しているので、不透明背景を置くと、マージン無しのかなり窮屈な見た目になる、というのある。というわけでワタシとしては、設定で文字色反転を選べるようにする、というスタンスで解決したかったわけです。だが。だがっ。このガジェット、元々実家のノートPCで元データを作っていたため、今使ってるPCには、元画像ファイルもフォントも入っていないという罠!ガジェット用イメージファイルの直接レタッチでなんとかなるかなぁ......。

 そんなことを考えながら、週末は『世界樹の迷宮3 星界の来訪者』で過ぎていきました。ゲーム始めたらいきなり「待ちいたるは、死すら死す長き刻の果て 夜見の館に横たわりし夢見るもの」とかイントロが出てきてアブドゥル・アルハザード吹きました。星界の来訪者ってまんまかよ!とりあえずウォリアー・ファランクス・パイレーツ・シノビ・プリンスというパーティで進めてます。今回、バトルがかなりスパルタンなバランスやね......。山猫で普通に死にかけ、B2Fに降りたら鳥さんにつんつんされて死にかけ......ぐあ!
Powered by Movable Type 6.0.1