HAYABUSAったりHABBLEったり

misc_20100529_1.jpg
 今日は大阪市立科学館に行ってきたよ!......といっても普段なら、休日のワタシは、近所のマクドナルドで飯を食い、近所の本屋と家電量販店を散歩がてら巡り、飽きたら帰ってWebの海を放浪するという自堕落度MAXな生活を送っているので、自分だけだったらたぶんこんなところには来ないはず。ならなぜこんなところに来たかというと、関西に遊びにきたLicaさんに「大阪市立科学館のプラネタリウムでやってる『HAYABUSA』一緒に観ませんか!そしてさらにサントリーミュージアムでやってる『HABBLE 3D』も観ませんか!」とお誘いを受けたからなのだ。こんな機会でもなければ、大阪市立科学館とかサントリーミュージアムとか一生行かなさそうだ。乗るしかねぇ......このビッグウェーブに......!ビッグウェーブ?

 で、まず『HAYABUSA』。HAYABUSAは、小惑星イトカワに飛んで、いろいろトラブルを執念で乗り越えて地球へ帰還している、あの小惑星探査機はやぶさ。このはやぶさの旅が、プラネタリウムの全天周型の映像作品になってるのが、今回、大阪市立科学館に観に来たやつなのだ。で、さっそく観てみる。

 謎の感動がワタシを包んだ。

 いや人間とか全く出てこない、ひたすら小惑星探査機がイトカワに飛んでタッチダウンして地球に戻ってくるだけの作品なんだけど、静かなナレーションとスコア、全天周の映像もさることながら、孤独の中、ひとり困難に挑んで乗り越えていく姿の胸の打ちっぷりは生物も無生物もないのだった。っていうか、おかえりはやぶさとか情感たっぷりに読み上げといての最後のあのED映像は無いよ!泣くよ!すみませんでした今まではやぶさ情報あんまり追いかけてませんでした、これからは真剣に追いかけます!帰ってから、iTunes Music Storeで売ってるサントラも買っちゃったよ!『スイングバイ』が名曲過ぎる......。

 で、うるうるしながらプラネタリウム出たあと、大阪港そばのサントリーミュージアムに移動して『HABBLE 3D』。こっちは、NASAが軌道上に設置した、ハッブル宇宙望遠鏡とそれを修理するスペースシャトルのクルー映像をIMAX 3Dで追いかけた作品。3D万歳。いや、基本的にワタシは3D懐疑派ではあるんですけど。『アバター』みたいにCGバリバリだったらそりゃ3D映像も簡単に(というと語弊があるけど)生成できるだろうし、3Dテレビが売り出し始めてるけど、家で偏光メガネかけてとかないわー。とか思ってたんですが、『HABBLE 3D』を見て、ドキュメンタリーみたいな記録映像なら、奥行き情報含めて記録&再生するのは情報保全の観点からアリだよね!とあっさり宗旨替えするわたくし。というか視界いっぱいに広がる、純粋まじりっけなしの実物ハッブルのIMAX解像度な3D映像が凄すぎる。すげぇ。ブラボー。っていうか全国でここでしか上映してないとかマジですか。勿体無い......。
 それにしてもこの映画、明らかに3D撮影していないはずの1990年代の映像まで3D化してるのは一体どうやったんだろうなぁ......?『タイタンの戦い』とかは、元々2D撮影しているものを、後でCG処理使って3D化してると聞くし、それと同様の技術なのかね......。

 その後、Licaさんと一緒に付近をぶらぶらして、隣の天保山マーケットプレイスとやらに入ったら、「アイスパレードin天保山」なる催し物が。なんかいろんな地域のご当地アイスを売ってるらしい。で、おお、どこのご当地アイスも行列ができとるわい、みんなスイーツ好きだなぁ......とか思ってたら、一箇所だけまるで客のいない店がある。一体何事かとよく見てみて、売ってるアイスの名前を見て得心。

 とんかつパフェ。

 パフェに、ソースのかかったトンカツが突っ込んであるという。そんなアイス。普通に喰えない、喰えるわけがない。なんぼなんでもゲテモノ過ぎだろう!ひとしきりコレはないだろう、と盛り上がった後で、
 misc_20100529_2.jpg ......おもむろに買ってみる。一度ネタで食べてみるのもアリじゃね?とか思った結果がこれだよ!これでお値段580円。600円払うと、大阪市立科学館で『HAYABUSA』を鑑賞することができます。なんだか金銭感覚がゲシュタルト崩壊を起こしそうです。というか、食べる前から溢れ出るこのセルフ罰ゲーム感。どうしろと。ちなみにこのとんかつパフェ(ご当地:愛媛)のお店、店の人曰く、元はとんかつ屋とのこと。お願いですから本分で頑張ってください。
 さらにこのとんかつパフェ、なんか喰うのに作法があるらしい。店員の人がすごく気張って教えてくれました。久しぶりに客が来て張り切ってる感が......心のなかで滂沱の涙を流すわたくし。どれ、ゲテモノはゲテモノなりに、せめて作法だけは守って食べてあげようじゃないか......。

misc_20100529_3.jpg ......前言撤回。やっぱいやがらせだろコレ。いや、「とんかつだけ単独で食べたらまるで意味がないですからね!」という店員さんの説明は分かる。すごくわかる。すごく分かるけれども(涙)!
 まあでも結局この作法に従って喰ってみましたとも。結論から言うと、喰って即座に吐き出すほどマズくはないです。一応喰えます。とんかつの塩味と、上に載った抹茶アイスとクリームの甘味が絶妙なハーモニーを......奏でない。ちっとも。まったく。この二つの味の交わらなさは異常。このとんかつ喰った直後の後味の感覚は、あれだ、弁当の野菜の汁が漏れでて汁気でべたべたになってしまったけど、勿体無いから仕方なく口の中に放り込んだときの残り物のおかずのとんかつのそれだ。誰か助けて。何このセルフ罰ゲーム。でも一応全部食べた。とんかつ食べ終わったら、残りはただのパフェでした。愛媛のご当地アイスという触れ込みだったけど、愛媛は一体どうなってんだ......。

 その後は、Licaさんと夕食してたりしてました。UKのAmazonでアニメDVDが激安だよとか、Twitterがどうとか。うん、Licaさんのヒウィッヒヒーっぷりに感化されて、ワタシも遂にTwitterのアカウントを取ってしまいましたですよ。https://twitter.com/kojima_shu。しかしこれどうしよう。iPhoneと親和性も高いだろうから、まあフォローだ何だは気にせずに、とりあえずなんかのんべんだらりとやってみるか。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1