結婚披露そして疲労そしてiPad

 昨日は同期の結婚披露パーティに出席してました。末永くお幸せに!......とは言ったものの、0x22歳にもなって、僻みでも強がりでも何でもなく、純粋に恋愛とか結婚とかにちっともさっぱり興味の湧かないワタシは、生物種として何か壮絶に間違っている気がして仕方ありません。相手がいないことに悩む以前に、相手がいないことを何とも思わない自分に悩むよ!パパンママンごめんなさい、こじま家の血筋はこれにて断絶かもだ。まあ何か妹の方は最近お付き合いを始めたと聞いたので、遺伝子の継承はそっちに任せよう。最悪だよわし!

 で、そのパーティが夜からだったので、昼間は『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』を観たり、梅田でiPadを触ったりしてました。ぷり☆ぺる映画版は、リアルアサシンクリードで俺大満足。いかにもな壁に突き出た杭とか、屋根の上とかをパルクールでぽいぽい飛び乗っていくシーンで俺大興奮。ジェイク・ギレンホールが普通にアクション俳優しているのにもびっくりだ。このままアクション俳優方向に進んだら、なんかニコラス・ケイジ的なポジションを占めそうな気がする。それはいいことなのか。あとベン・キングスレーの歳の取らなさっぷりにもびっくりだ。あんた『デーヴ』でナンス副大統領やってたころからほとんど変わってないやん。そしてハッシッシン教団も登場。暗殺者教団の万国びっくりショーな面々に笑いが止まりません。そしてシュタインズゲートに到達するダスタン王子。なぜプリンセスはリーディング・シュタイナーを発動しませんか。涙が止まりません。
 iPadのほうは、ヨドバシ梅田に行ったら人大杉で触るの諦めかけたんですが、梅田のソフマップに行ったら普通に触れました。重さは......そう、あれくらいの大きさ・厚さのガラス板を想像してみてください。それがiPadの重さです(笑)。いや、結構ずっしりくるなぁ。ただ操作に対するレスポンスは良好すぎる。今持ってるiPhone 3GSでも、操作に対するレスポンスが遅いと思ったことはなかったけど、それと比べてすら、明らかにレスポンスがダンチで早い。あと、動画がH.264のHighプロファイルにも対応している(らしい)ので、PC用にエンコードした動画ファイルもそのまま使えそう。印象はかなり良い。でも......iPhone持ちだと、やっぱりiPhoneと同時持ちするに足る理由がみつからない......。デスクトップを部屋の片隅にうっちゃって、日頃のネット用途は全部iPadで済ませるくらいのスタイルの転換を図れば、かなり便利そうな気はするけど。いや、興味はあるんだよなぁ。興味はあるんだけど、使い道がなぁ......。むしろ、6月上旬のWWDCで発表されるであろうiPhone HDと、マルチタスク対応のiPhoneOS4.0の方がますます気になってきたわたくし。

 そういえば、twitter始めてみた記念に、ページの左サイドバーの下のほうに、twitterのツイート一覧ウィジェットを置いてみました。こうなると、もうちょっと色々Movable typeと連携できんのかなぁ、と欲がわいてきます。もれんもれん。

コメント(1)

Yuh :

iPadですが、電子書籍の閲覧器具としてはどうですか?
こちらの記事を読んで、書籍のデータ化には興味が沸いたのですが、結局のところ、何で見るかが問題だと気がつきまして。
iphoneかiPodか、Xperiaか。開く形のモバイルPCとかだと、キーボードが邪魔で読みにくいのですよね。
KindleにPDFを読み込ませるのも良いかと思いますが。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1