iPhone4とたわむれる。

 iPhone4
 画面
 マジすごい。


 ......というわけで、さんざん心配していたにもかかわらず、GJなソフトバンクショップによりちゃんと発売日に入荷したため、週末に引き取りに行って、画面をぺもぺもと触って悦に入っているわたくしです。しかしこのRetinaディスプレイはすごいな。受け取りに行ったときに、iPhone4のアクティベート自体は店でやってくれたんだけど、アクティベート後のiPhone4を渡されて、初めて画面を見たときに、思わず「うげぇ」とヘンな声を出してしまったわたくし。視覚的インパクトでワタシに変な声を出させたのは、最近ではこれとお台場ガンダムだけだ。元々使ってた3GSの画面も見にくいと思ったことは一度もなかったのに、iPhone4の画面ときたら完全に別次元。解像度倍でここまで綺麗になるものか......!YahooのPCページ表示して、実用性はともかくとして、細かい文字の一つ一つまでちゃんと読めるとか狂気すぎる。これはホントに「聞きしに勝る」と言わざるを得ない。これ、買おうかどうか迷ってるヒトがホットモックを見たら即決しかねないレベルだよなぁ。つうか、画面サイズと解像度の比で言ったら、前に使ってたドコモのP905iとかだってそう変わらないはずなんだけど......何が違うんだ。ジョブスの魔力か。
 他にもカメラ性能が上がったとか(LEDフラッシュもついた。暗いところ撮ったらかなり思いっきり光ってビビった)いろいろあるけど、個人的には、H.264動画のフォーマットがPCと一本化できたのがかなり大きい。Highプロファイルでエンコードした(つもりの)動画もバリバリ再生しやがる。これでロープロファイルと別々に動画をエンコードしなくてもよくなった......スバラシイ。だがiOS4になったことで、いろんなアプリが動作不良を起こしてるのは絶対に許さないよ。とは言っても、大抵はちょっとステータスバーの表示が出なくなったとか、文字がiPhone4の高解像度で出ないとかの、動作の本筋には影響のないものだったり、影響が出てても、本家で既にアップデート予告が出てるものだったりして、最終的にはどうということはないところに落ち着きそうではあるんですが......。ただ、どういう理屈かは知らないけど、「Now Playing」「映画案内」とかの、GPSと連動して映画館情報を知らせてくれるアプリが軒並み動作不良&iTunesのAppStoreからも消滅、のコンボは本当にまいった。これは超困る。直るのかなコレ。直らないと超困る。一体なにがあった......。

 アップデートで困ったといえば、Windows Live Syncの次期ベータ版が、Windows Live Essentialsのアプリ群の一つとしてリリースされたので使ってみたんですが......うぎゃーっ!リモートデスクトップ機能が一体化したのは大変よろしいんですが、肝心のフォルダ同期が、同期先PCの同期ディレクトリの位置が選べず、データは全部、強制的にユーザーディレクトリの直下に展開されるというファッキン極まりない仕様に変更されていました。しかも仕様。ヘルプにその旨明記済み(「外部ドライブ上およびマップされたネットワーク ドライブ上のフォルダーは同期できません」)。ちょお待てや。これじゃ外部ドライブはおろか、システムドライブ以外のドライブレターのドライブにすらデータが移せないじゃないか!無茶苦茶だ。同期エリアをユーザーディレクトリ内に限定したいのかと思えばさにあらず、最初の同期元データはユーザーディレクトリ外のフォルダに入っていても普通に同期可能だという。わけわからん。これって、Cドライブ(システムドライブ)自体をデータドライブと兼用してるヒトしかマトモに運用できないんじゃ......。最近じゃSSDの普及で、システムドライブの容量はかつかつだって人も多いだろうし、ワタシはそのはるか昔から、再インストールとかの利便性のために、システムドライブとデータドライブは物理的に分けてるし。正式版ではマトモな仕様になってくれることを切に願います......。今のところ、この制限を回避できるような方法も思いつかんのよ......。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1