お台場1/144

misc_RX78_1.jpg 精神的にも色々疲弊している今日このごろ、つい出来心で、リアルグレード(RG)RX-78-2ガンダムを買ってしまいました。去年ワタシを涙と感動の渦に巻き込んだお台場ガンダムと同じディテールで、大きさも昨今の日本の住宅事情に優しい1/144。お台場ガンダムでくねくね遊べる日がくるなんて!というわけでつい買ってしまった次第。
 ......が、新シリーズRGを舐めていたわたくし。これ、大きさが1/144なだけで、パーツ規模は普通にMGクラスなのだった。途中ピンセット買いに行ったり飯食ったりぼーっとしてたりした時間があったとはいえ、昼下がりから組み始めて、完成したのが真夜中とかどういうことなの......。ああ、次はデカールだ......と思ったけど、これ、デカール貼らなくても十分なんじゃないかな......満足度高ぇ。以下、ぺもぺもとiPhoneで撮った画像を張ってきます。バンダイ驚異のメカニズムをご堪能ください。

misc_RX78_2.jpg 最初の写真の別アングル。ああ、お台場ガンダムでポーズがつけられるなんて、いい時代になったものよのう......。でも微妙な色分けも全部別パーツなので、組み立て中は死にそうでした。アドヴァンスドMSジョイントは素晴らしい機構だと思うけど、組み立ての手間的には焼け石に水。いや、あのインナーフレームも全部従来通り手組みしろって言われたら本気で泣きますが。うわーん。

misc_RX78_3.jpg 信じられるかい、これ、全高は文庫本より小さいんだぜ......。そしてホーガンさん(号泣)。

misc_RX78_4.jpg ザクを空中でぶった切って着地する例のポーズを再現しようと頑張ったの図。ところで、ビームサーベル用のクリアパーツって汎用品なのかな。この前のMGユニコーンに入ってたのと同一パーツに思えるんだけど......というか、ビームサーベルの長さが、今回のRGガンダムの全高より長い......。そしてこの写真には、明らかに間違ってる点が一つあります。三刀流。

misc_RX78_5.jpg 上の写真の別アングル。足のスライド機構が分かりますですね。足を曲げると、腿の装甲が分割スライド、さらに曲げると、膝当ての部分が上方にスライドして、膝のクリアランスを確保します。1/144でこれとか、バンダイマジ頭おかしい。

misc_RX78_6.jpg 正座したまま抜刀。どういう状態かさっぱりですが、手足の可動範囲は分かるかと思います。ちなみに、腕はまだ可動範囲に余裕があります。実際、ほとんど180度まで曲がるです。バンダイマジ頭おかしい。

misc_RX78_7.jpg 空中換装!言い忘れてましたが、この1/144 RGガンダムは、腹部に完全変形コアファイターを内蔵してます(ボールジョイントが入った可動重視の別パーツにすることも可能)。今までの写真は全部コアファイターが内蔵された状態のものです。1/144でコアファイター内蔵でこのディテールでこのフォルムとか、バンダイマジ頭おかしい。

 ああ満足。ぷー。

コメント(1)

  :

画像掲示板でいくつか写真を見ましたが、撮影に凝ると本気でスケールを錯覚するんですよね、RG。
1/60くらいあるように見えたり。
どうも今回、俗に言うバンダイエッジがほとんどないらしいのもその一因のようですが、
足が3分割されてたり指がMG同等の可動指だったりと、主に可動機構面での変態っぷりが半端ないですね。
そりゃ組み立てに4時間半かかるとか言われるわけだ・・・

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1