『インセプション』

movie_INCEPTION.png
 というわけで、予告ではどんな映画だったかサッパリな、クリストファー・ノーラン新作『インセプション』の先行上映を観に行ってまいりました。つうかこの映画、予告だと、レオナルド・ディカプリオ(以下ディカプー)が椅子に縛られたまま風呂に背中から突き落とされてたり、街がうにょーんと持ち上がってたり、通りのショーウィンドウが爆発してたりと、何か普通でないことは分かるんだけどどんな内容なのかはさっぱり、という困ったちゃん。しかしクリストファー・ノーランだしなぁ。『ダークナイト』で歴代興収塗り替えるレベルにヒットさせちゃった監督だしなぁ。『ダークナイト』大好きだしなぁ。でもノーランって、元々はもっと癖のある映画撮ってたらしいしなぁ。どうしよう。
 ......とか思いつつも、何だかんだで楽しみにして先行上映観に行ったら、これが大当たりなのだった。

 産業スパイのコブは、他人の夢に侵入し、対象の潜在意識下からアイデアを盗む(エクストラクション)という特殊な手口のスペシャリスト。ある時、彼と彼のチームは、大物実業家サイトーに対してエクストラクトを仕掛けるが、今一歩のところで失敗。だが実は、そのエクストラクト自体が、サイトーによるコブたちのテストだった。サイトーはコブに対してある取引を持ちかける。コブのエクストラクションの才能を生かし、対立企業グループのトップ・フィッシャーに対して、エクストラクションではなく、逆に、企業グループを崩壊に導くようなアイデアを植えつけろ(インセプション)というのだ。報酬はコブの犯罪記録の抹消。コブは故郷に残した家族との再会のために、サイトーとの取引に応じる。コブは夢に侵入するためのスペシャリストたちを集め、首尾よくフィッシャーの夢の中へと侵入するが......。

 観終わって大満足だったけど、最初に思ったのは「こんな映画よく作らせてもらえたな」。趣味的すぎるよノーラン(笑)!夢にダイブとか、それだけでも結構見せ方が難しいのに、この映画の場合、夢の中の人物の夢にさらにダイブしたりするので、普通にやったら発狂もののややこしさになりそうなのは想像に難くない。つうか、普通だったらこの時点で企画にストップがかかると思う。ムリムリムリムリ。こんな脚本分かりやすく映像化なんて絶対ムリムリムリムリ。
 ところがどっこい我らがノーランさんは、それをあっさりやってのけた上に、娯楽作としても普通に面白い作品にしてしまってるから困る。おかしいですよノーランさん!夢の多重構造やルールは前半でさりげなーく全部解説してるし、夢の階層を降りるごとに舞台が変わるので(フィッシャーの夢だと、第1階層でカーチェイス、第2階層でホテル内バトル、第3階層で雪山の要塞)、アクションもバリエーション豊富でよきかなよきかな。特に第2階層のホテルでは、上位層のカーチェイスで車が横転したりコースアウトするたびに、三半規管の影響でマトリックスバトルに強制突入するというボンクラぶり。大好きだ!しかもコブさんがトラウマ持ち状態でインセプションに挑んでしまったために、何故か並行してサイコホラーまで展開するという始末。なにこのお祭り騒ぎ。だのに、本質的には、単純なスタイリッシュ強盗アクションなので安心して楽しめるというこの上手さ。夢のルールまで完全に展開に活かしきっている構成の妙。なんでこんな闇鍋みたいな内容がきちんとまとまってるんだ(笑)!すげえよノーラン。
 登場人物の中では、コブの相棒的な立ち位置の、常に冷静沈着な紳士のポイントマンことアーサーさんがMVPすぎ。つうか、第2階層でこの人が残留してなかったら、第3階層に降りたメンバー全員が<虚無>に落ちてたよね......。自由落下状態でどうやって全員キックするんだよ!とか思ってたら、まさかの相対速度利用で全員キック。当初の予定だと、たぶん天井崩落か床ぶち抜きでキックするつもりだったよねあの人......あの機転はすごすぎる。ホテルがぐりんぐりん動いているときにも慌てず騒がず対応してるのにシビれる。あと最後にまさかのマイケル・ケイン。アルフレッドさんこんなところでなにやってるんスか!
 あ、SFな人には、メンバーがどうやって夢を共有するのかというシステムに興味があるかと思いますが、その点は「とりあえず鎮静剤打って横で寝てれば夢なんて簡単に共有できるべ」というオープンチャンネルの無線LANみたいな世界観なので気にしてはいけません。アランドラのまどろみの一族も真っ青である。

 ともあれ、ノーランさんすごいというのを再確認させられた逸品でございました。一般向けじゃないような気もするけど、好きものなら見逃すなかれ。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

Powered by Movable Type 6.0.1