iOS版Dead Space

<前回までのあらすじ>
 アメリカじんは今日から『Dead Space 2』で遊んでいるというのに、にほんじんのわたくしは、アマゾンがお仕事するまでは指を加えてみている他なくしくしく泣いていたら、EAがiOSで『Dead Space』をリリースしてくれたので、EAありがとうと歓喜の涙にむせびながらダウンロードしたのであった。800円。

 で、遊んでみたんですが、グラフィックと音響が本気すぎてマジEA。つうかしっかりDead Spaceしてるのがすげえ。あの操作系はタッチパッドで完全に再現はできんだろ、またレールシューターになってるんじゃね?とか思ってたら、あのTPS操作がタッチパッドで完全再現で土下座モードに入るわたくし。前後左右の(平行)移動から、視点移動と方向転換&サイティング、武器の構えから射撃までパーペキに、しかもかなりストレスなく操作できる。うはあ。こりゃ実績にOne Gun(射撃武器をPlasma Cutterのみ使用でクリア)があっても大丈夫だわ。でも実績リスト見てたら、ブルートをPlasma Sawだけで倒すとかいう実績があって泣きそうに。しかもPlasma Cutterの弾が割とすぐ枯渇するので、ステイシスで止めておいてPlasma Sawで切り刻む、という割とゴアな戦闘スタイルを強いられます。きゃー。
 ちなみに内容は1の移植じゃなくて、2の前日譚に当たるらしい。主人公は、スクリーンショットではアイザックさんに見えたけど、実際には、コードネーム"Vandal"と呼ばれる工作員で、2の舞台のスプロールで破壊工作に勤しんでるっぽい。破壊工作完了時に「Dawn of Unitology」とか「Join with Church」とか聞こえたような気がするので、ユニトロジー教会に雇われてるっぽい気がするんだけど......。

コメントする

Powered by Movable Type 6.0.1