LAST UPDATE : 2007/07/29
ようこそいらっしゃいまし。ここはやらゲームやら映画やらのことをつれづれと語ったり、DoGAで作ったロボを載っけたりしてるトコロです。
掲示板もあるです。楽しんでいただけるのならばこれさいわい。 (作ってるヒト:こじましゅういち


リチャード・モーガン
 「ブロークン・エンジェル」
アダム・ファウアー
 「数学的にありえない」
ケン・マクラウド
 「ニュートンズ・ウェイク」
チャールズ・ストロス
 「シンギュラリティ・スカイ」
マイクル・スワンウィック
 「グリュフォンの卵」

「God Of War 2 (ネタバレ編)」
「God Of War 2 (ファーストインプレッション編)」
「プロジェクト・シルフィード」
「超操縦メカ MG」
「ゴッド・オブ・ウォー」

「300」
「サイレントヒル」
「ウルトラヴァイオレット」
「トランスポーター2」
「ブギーマン」


マサボンワールド
95点の青空
Sparrow S.A.
S.MA.P.
人類絶滅計画推進委員会
Leftoverture
異次元を覗くホームページ
混沌の図書館
司書の駄弁者
私立東鳩学園No.6
moriyama.com
SF生活
風の十二方位
辺境の人々
:コードギアス最終話みたー。
 EEEEEEEEEEEEEEEE!?

 試写会では終了直後にブーイングが発生したと伝え聞くコードギアス最終話。やっとこ関西圏で放映されたので、夜の夜中に全裸待機で待ち構えていたわけですが…。いや、こりゃブーイング起きるわ(笑)。何ですかこのジャンプ10週打ち切りエンドは。何もかもが全てクリフハンガー状態で泣きそうです。引っ張って引っ張って、やっと最終話放映されたと思ったら、続きは2008年の第二期まで鬼引っ張りですか。泣くぞ。これから放送の地域の方は、ワクワク全開で待機した後に泣いてください。ウワァァアァン!!
 …まあ先の展開が全く読めないという意味では絶妙のストーリー構成ではありますが!物語的にはすごく…いろんな意味で終わってそうです…(ゼロと黒の騎士団的な意味で)。いやこれホントどう2期作るんだ。現在、すごく期待して待てばいいのかブチ切れて視聴停止すればいいのか本気で分からなくなってるわたくし。ぬがぁ!

:おぶりびおん
 ちょ、『The Elder Scrolls IV:OBLIVION』今週発売なん!? しまった、全くチェックしてなかった…。いや、前々から興味はあったんだけど、まだまだ発売日は先じゃあ…とか思ってたらもう今週ですか。にゃー!つうか『装甲機兵ガングラウンド』も今週ですか。今週忙しくてゲーム屋行ってる暇ないよ…。

 そういやゲームといえば、公開数日でいきなり配信停止になったっきりなしのつぶてだった、XBOX Live Arcadeの『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』も7/25から(やっと)配信再開するみたいですね。で、箱の公式には、既に前の購入者には案内済み的なことが書いてあるんですが…。6月末に所定の手続き取ったのに、以来、全然連絡のないワタシの立場はいったいどうなるんでしょう。すんすん。

:パチという意味ではシルフというかグレイシルフ


――「哨戒任務」(1280×960、259KB)

 最後にDoGAをいじくってから、かれこれもう幾年月経ってしまったわたくし。これはイカン!と思うも、ブランクがあまりに長すぎてかれこれきゅー。仕方がない、ここは勘所を取り戻すべく、何か簡単なモノを作るのだ!というわけで何を作ろうかと考えたときに、ちょうど『プロジェクト シルフィード』のチャレンジミッションをやりまくっていたので、デルタセイバーファッキン!SA-77エクセレンツ!とか言いながら、気が付けば、割と禁じ手気味にしていた、DoGAでモデルをそのまま作るという作業に入っていたのであった。以上、前回までのあらすじ。
 …で。



 …こんなんでましたけど。ごめんなさいごめんなさい。何から何まで違うのはわかってるんです。特に翼端形状。SA-77はこんな揚力生みそうな翼してないよね…(涙)。しかも機体下部のランチャーは以前作った何かの使いまわしだよ…。とりあえず何処かで拾った画像を元に壁紙作ってみたけど、明らかに元画像負けしてるよな…うにゃあ!でも…やっぱSA-77はヨイなあ…。自分で作ってみて分かったけど、SA-77って何気にかなり立体的にも面白い形してるんだよなぁ…。一見、普通のヒコーキっぽいんだけど、真横から見るとかなり異様なフォルムだったりするとか。

 まあそんなこんなですが、お約束なので一応、公式の例のロボパーツ入れれば使える(はず)のロボデータもおいときます。でも次に版権モノを作るときは、別途モデリングできるソフトを使おうと思ったのことよ…(笑)。

 SA-77fake.zip(7.56KB)

:ACE6たいけんばーん
 シャムロック「エメリアのみなさーん!ガルーダ隊ですよー!」

 …ガルーダ2は力ちゃんでした。聖上自重。

 というわけでACE6の体験版をやり狂っていたわたくし。いやー、分かっちゃいたけどグラフィックすごすぎ。冒頭の離陸シーン、普通にプリレンダだと思った…。そしてエンジン音がまたキク。ゲームになってみたらば、遠くまで細緻な街並みが広がっているわ、ミサイルの噴煙がざくざく縦横に空を横切るわ、敵も味方も数がソラノカケラに倍率ドンだわ、高高度まで上がれば雲がどこまでも下界に広がってるわ、空が青いわ空が広いわ犬は走るわ石炭車は転がるわ原子力発電所はメルトダウンするわでもう大変です。おほほー。デバッグせよわし。

 まあぶっちゃけた話、どんなにグラフィックが綺麗になったとは言っても、根っこのところは良くも悪くも何にも変わってない(笑)のでシリーズ愛好家のアナタも安心。とはいってもやっぱり次世代機でございますから、そりゃいろいろ「全てが変わる、再び」でございますですよ。それにワタシは常々、エースコンバットシリーズは画面の説得力さえ増せば、過剰な演出なくても必要十分派だったので、今回の方向性はまさに願ったり叶ったり。ぶらぼー。
 キーバインドに関しては、シリーズをプレイし付けてるヒトなら何にも違和感のない例の配置…と思ってたら、プレイ中、戸惑いなく動かせるのに何か違和感が…。あ、PS2時代と比べて、ヨーとスロットルの位置が逆だ。ACE6ではLT、RTで速度調整なのね。あとマップが昔と比べて使い辛い…と思ったら、これはXBOX360のボタンが感圧式じゃないせいね。あの押し込むと拡大するマップは、今更ながらに便利だったと思う今日この頃。
 だが次世代機の力は伊達じゃなく、今回はコクピット視点だと一部の計器がちゃんと動く。スバラシイ!ミサイルは未来位置予測の機動に変更…なんだけど、これは正直別にたいして変わらん(笑)。が、今回は一つ、めちゃくちゃ大きな変化点があって、

 機銃激強。

 ミサイル2発当てて落ちる耐久力の敵機に機銃浴びせても、2発も当てれば黒煙を噴き出し(そう、今回の敵機は損傷すると煙を噴くのだ!)、3発か4発も当てれば即デストロイ。TSUEEEEEEE!はっきり言って、なまじミサイルを当てようとするより、ガンレンジまで接近して機銃攻撃したほうが撃墜しやすい場合すらあるくらい。ドッグファイトが楽しくなりそうだわい。
 だが今回はもっと強い攻撃法があって、

 支援要請最強伝説。

 敵にたかられてる味方を助けるとゲージが上昇し、ゲージが一定量以上蓄積すると、ゲージを消費して支援要請が可能になるんだけど、これが強い。爆強。試しに味方艦隊がいる沿岸部で攻撃要請したら、空と海からの目に見える勢いのミサイル一斉攻撃が始まって敵がボコボコ落とされてて吹きました。シリーズでこれほど頼りになる味方の攻撃が今まであっただろうかいやない。ACE5の僚機なんかいるんだかいないんだかいまいち実感がないくらいだったのに、ACE6で敵が複数ケツに付いたので援護要請かけたら、気が付くとケツには誰もいない。すげえ。フライトシューティングシューティングと吹聴してはいたが、遂にボムまで実装しやがった…(笑)。これは楽しい。楽しすぎる。味方を助けたら実益レベルで見返りがあるとは、良いシステムだ…。

 ちなみに体験版のミッションは、たぶん本編キャンペーンモードのミッション1。エメリア首都グレースメリアにエストバキア軍の航空編隊が攻めてきたので、ガルーダ1タリズマンと、臨時編成でガルーダ2に抜擢されたシャムロックを含むエメリア空軍が迎撃に向かうも、あと少しというところで、エストバキアの空中プラットフォーム艦・アイガイオンから射出された散弾ミサイル群・ニンバスの猛襲と、その直後に現れたシュトリゴン隊の前に成す術もなく、撤退を余儀なくされるのであった…といった感じ。シュトリゴン隊の乗機はSu-33。まだトレイラーに出てきた架空機は出てない模様。それにしてもニンバスはイイ…ぽやーん。ちなみに、シュトリゴン隊にヘッドオン以外でミサイルを当てるのは至難の業ですが(つうか、機動力高すぎだYO!)、ガンキルなら落とせるのは確認しました。初登場時の黄色みたく無敵ってわけじゃないのね。

 この体験版でますます本編が楽しみになったですよ。AC04以来の、噛めば噛むほど味が出てくる感覚がある。広い空を飛んでるだけで楽しかったあの感覚が思い出させる。頼むぞPROJECT ACES!

:空へとぶーッ!
 ACE COMBAT 6
 体験版キタ!

 俺は飛ぶんだ!エメリアに飛ぶんだ!さがさないでください。

:ニューマシンくんだー。
 なんか夏の賞与が出たので…というわけではないですが、おとなパワーを駆使して、今までのDELLマシンから、自作PCへと移行してみました。いや、自作にしておけば、CPUとかもこまごまいぢれるかなぁと思って。というわけで、Core2DuoE6700(2.66GB)&GeForce8600GTSを軸にがしっと。……お前、そのパゥアーをどこに使うつもりなんだ…。DoGAのレンダリング速度を上げるために、金をドブに捨てる人間がいてもいい。自由とはそういうことだ。いやそれはどうなんだ。つうか、これだけのスペックがあれば、もうちょっと上位の3D関係ソフトも動かせそうだよな…。

 『エースコンバット6 解放への戦火』の発売日が11月1日に…だがそれ以上に、マーケットプレースで7月中旬に体験版というニュースがでかすぎる。もうすぐじゃないか!素晴らしい!ああ、ネットワーク完備の次世代機の恩恵バリバリであるのことよ…。

 ニコニコ動画は見られる人が限られるので、基本的にあまり取り扱わない方針なんだけど、あまりに凄かったのでご紹介、Gears of war Insane 武器制限プレイ。難易度Insane(最高難易度)というだけでCasualで死にまくりのワタシには信じられない世界だというのに、その上ブームショット、トルクボウ、スナイパー全部封印とか無理だろう…とか思ってたら、まるで主人公補正がかかった映画の主人公のようなマーカスの大活躍ぶりに涙が止まりません。特に、温室のベルセルクの瞬殺と、最後のラーム将軍の撃退っぷりは開いた口が塞がらなかったわたくし。ラーム将軍をトルクボウなしであんなに鮮やかに倒すなんてありえん…。わしなんてトルクボウありでも死にまくったのに…。ギアーズ・オブ・ウォー知ってるヒトは必見。

:『プロジェクト シルフィード』チャレンジミッションクリア。
 エキストラ1(輸送船団護衛)はもう二度とやりたくないデス…(笑)。

 というわけで、6/22にXBOX Liveからダウンロード可能になった『プロジェクト シルフィード』のチャレンジミッションを全部クリアしたわたくし。発売からもう半年以上も経ってるのに、BGMがほとんど新規だわ作りこみは本編並みだわクリアすれば本編でも使える追加武装が手に入るわで、正直スクエニの力の入れどころが壮絶に明後日方向です。いいぞもっとやれ(笑)!
 しかしチャレンジミッションというだけあって、難易度のほうもなかなか壮絶なものがあるでゴザイマス。プレイ中ずっと涙目だったわたくし。これはイカン!というわけで、後に続く奇特なヒトのために、クリアするための要点など少し。ちなみに、あくまでクリアすることに要点を絞ってるので、点数とか期待しないでください。エキストラ4のスコアが下から10番以内だった俺に何を期待しているんだ(涙)!……泣くなよわし。

■ 基本
 とりあえず、

 攻撃機は最優先で絶対に落とせ。

 ほとんどのチャレンジミッションが、空母アクロポリスや旗艦ヴィンソンを落とされたら失敗扱いなので、クリアにはこいつらを最後までなんとか生かすのが最優先事項。そうなると、野太いビームで味方艦をビャラーッと派手に攻撃してくる敵艦を落としたくなるのが人情だけれど、実は敵艦のビーム砲撃はそんなにダメージはない。極端な話、敵艦はほとんど撃沈しなくてもクリアは十分可能っぽい。だがその一方で、ときどき編隊を組んで飛んでくる敵攻撃機の対艦ミサイルの攻撃力は半端なく、アクロポリスやヴィンソンに攻撃機を数機でもまとわりつかせたまま放っておくと、あっという間に味方艦撃沈でミッション失敗になる。というわけで、オペレータから敵攻撃機接近の連絡を受けたら、絶対に最優先で敵攻撃機の編隊を叩くこと。つうか、クリアだけならこれで十分(笑)。アクロポリスやヴィンソンの防衛中、敵の位置がよく分からなくなったら、アクロポリスやヴィンソンに近寄った上で、Aボタン長押しで最至近の敵をロックするようにすれば、まとわりついてる敵攻撃機を見つけやすい。これは、敵攻撃機を始末した後で、味方艦に最寄の敵艦を探すのにも使えるので、癖をつけておくといいかもだ。

■ 装備?
 上記の通り、クリア(だけ)のためには敵攻撃機の撃墜が最優先になるので、マルチロックの汎用ミサイルやビームの装備はほぼ必須。できればメイン3にロングスピアか、タイムアタッククリア後ならスラッシュ220AM、それが無理ならせめてメイン1にコンドルかイーグルの汎用ミサイルが欲しいところ。
 対艦攻撃装備は、メイン2にコルドロン50ロケット砲が使えるならそれでほぼ鉄板。でなきゃホワイトシャーク。あと、メイン1にシールドダブラーを装備すると、対艦攻撃で「ダブラー展開→必殺技1→ダブラー再展開→必殺技1→…」で無敵状態のままずっと俺のターンになれるのでステキです。

■ ミッションのヒント
・タイムアタック
 悪視界のなかで敵空母を探して全部落とす。敵空母はある程度近づかないと見えないけど、敵攻撃機が湧いてくる辺りにいるので、画面やレーダーとにらめっこ。
 クリア特典はスラッシュ220AM(メイン3装備)。実弾版ロングスピア。ロングスピアよりも最大ロックオン数とロックオン範囲は劣る(範囲に関してはロングスピアが広すぎるだけだけど)けど、攻撃力と射程距離はこっちの方が上。チャレンジミッションによっては、ロングスピアが使えなくてもスラッシュ220AMは使えることもあるので、対艦攻撃含めて頼りになる奴。雑魚的掃討だけなら、範囲が広い分、若干ロングスピア有利かもだけど…。

・スコアアタック
 制限時間内に敵艦をできるだけ叩く。だがクリアが目的なら、スコアなどわき目も振らずに攻撃機重視で(笑)。敵のBattleshipは叩くと次が出てくるので、わざと残しておくと、敵の復活が遅くなって若干クリアしやすくなるです。
 クリア特典はデバイダーL3GP(メイン3装備)。デカすぎ(笑)。だが対艦攻撃用レーザーというウリ文句に違いなく、敵艦には凄まじい威力を誇る。ただ、オーバーヒートしやすいので、冷却の間はコルドロン等でフォローが必要。あと、装備位置がロングスピアやスラッシュと競合するのよね…。対艦重視なら。

・エクストラ1
 輸送艦隊護衛。輸送艦隊はアホの子なので、前方に布陣する敵艦隊に正面から突っ込んでいきます。敵攻撃機は最優先で落とせ!余裕があったら輸送艦に攻撃してる敵艦落とせ!最後にISCMがジャンプアウトしてくるので、輸送艦隊に直撃する前に落とせ!以上!ワタシ、ここクリアしたとき、最初8隻いた輸送艦が、最後は1隻しか残ってませんでした…うううう…。
 クリア特典はメイスGP25H(メイン3装備)。これまたクソデカいガトリング砲。実質、次のエキストラ2専用装備です(笑)。

・エクストラ2
 誘導兵器が使用不可な状況で敵撃滅。メイスでがんばれ!エクストラ1がウソのように楽チンなミッション。ちなみに、ここの最大の敵は、敵攻撃機でもなければ敵艦でもなく、終盤の味方機です。お前ら俺の前に出るな!射線を塞ぐな(涙)!
 クリア特典はトール砲システム(メイン3装備)。視点追従可能なキャノン砲…なんだけど、視点追従可能なガンポッド系は微妙というご多聞に漏れず、こいつも微妙(笑)。

・エクストラ3
 訓練ミッション。課題を次々クリア。最後の模擬空戦以外は楽勝。模擬空戦をどれだけ早く終わらせられるかがカギ。汎用ミサイルばかりに頼らず、尻を取ったらノーズウェポンで積極的に攻撃をかけたほうがいい。
 クリア特典はバリスタ24ロケット砲(メイン3装備)。これ…このエクストラ3自体で使いたかった…。他じゃ装備箇所がロングスピアやスラッシュとかぶるから運用が難しいよ…。

・エクストラ4
 プロメテウスドライバーに味方艦隊が吶喊ミッション。攻撃機を最優先で落とせ!他に言うことはない(笑)!
 クリア特典はスピットファイアBX(ノーズウェポン)。何この神装備…!チャージ可能な上にチャージ速度も速く、おまけに誘導性能ありで最大チャージなら攻撃機一撃。ノーズウェポンは今後これで鉄板だな…。

 …てな具合。いや、このゲーム、ゲーム部分はホント面白いんだよ…。スクエニさん、次回のアップデートでムービーパートON/OFFオプション追加する気はありませんか(笑)?ぎにゅう。

:『プロジェクト シルフィード』チャレンジミッション追加
 ストーリーパートにさえ目をつぶれば宇宙戦闘ゲーとしては屈指の良作『プロジェクト シルフィード』に、「チャレンジミッション」が追加されました。タイトルアップデート後、XBOX LiveからエキストラミッションのダウンロードでOK。メニューの「エキストラ」から選択可能で、タイムアタック、スコアアタックに、エキストラミッション4つの計6つのミッションが追加。ミッション自体はともかく、クリアすると追加兵装がゲットできるとあれば、やらんわけにはいくまいて。でもこのアップデート、電源投入直後は認識しなくて、ダッシュボードから起動し直すとやっと認識するんだけど、ウチだけかな…。

 で、やってみたんですが、

 ムズい。

 いや確かにブランクはあるけど、エキストラの名に恥じぬ難易度で泣きそうになるわたくし。タイムアタックとスコアアタックは何とか泣きながらクリアしたけど、エキストラ1の輸送船団護衛ミッションで詰み。攻撃機がばんばん飛んでくるわ前方には敵艦隊が展開しているわだというのに、こっちの火力が足りなさすぎデス…。タイムアタッククリア特典のスラッシュ220AMだけが頼りです。でも火力が足りん!というか強行突破するなよ輸送船団!お前らはガンハザードのアルベルト軍曹か!(「ここは地雷原か!」→普通のヒト「踏み込んでは危険だな…」アルベルト軍曹「足止めを食らってたまるか!一気に駆け抜けてやる!」えーっ)

 とりあえず追加武装に慰めを見出すわたくし。上にも書いたスラッシュ220AMは超多弾頭ミサイルランチャーで、機能的には実弾版ロングスピア。やっぱエネルギーよりは実弾だよな!ロングスピアと同じく、敵戦艦くらいならフルロック+α程度で落とせる火力があるし。つか、ロングスピアとの差異がよく分からん…(笑)。スコアアタック特典のデバイダーはデカすぎて笑いました。よくこんなもん運用できるなデルタセイバー…。だが威力のほうもハンパなく、STAGE15の超巨大戦艦に照射してみたら、20秒照射し切るころには敵艦が瀕死になっててイヤな笑いが。グラウヘッドでも威力は同じかもしれんけど、こっちは射程距離もハンパないからなぁ…。この先の特典武器も楽しみ。

 ところで、全然話は変わって、朝日ソノラマ、死亡確認。ソノラマ文庫がーッ!? 小川一水と秋山完の主戦場がーッ!? いまや日本SF界の次世代ホープ筆頭の小川一水はハヤカワとかで問題なく生きていけるにしても、秋山完はどうなるんだ!つうかそもそも、最近新作出してたっけこのヒト…ギニャースッ!

:ACE6 日本語版トレイラーもきた。
 というわけで、ACES WEBでもトレイラーが公開されましたな。しかもHD画質。1280×760。すげー。再生した瞬間にWindows Media Playerのウインドウがあり得ない大きさに広がって吹きました。DVD再生してもこんな大きさにはなりません。さすがはHD画質。一昔前まで使ってたノートPCじゃ画面に収まりきらなかっただろうなぁ…。
 だが大きくなったおかげで、細かいところもいろいろ確認できるようになって好都合。シリーズ恒例のトンデモ兵器も、バンシーみたいな空中プラットフォームやら、UAV打ち上げやら、散弾ミサイルやら盛りだくさんですが、X-02以来のハジケてないエーコン架空機スキーとしては、トレイラー38秒からのシュトリゴン隊の隊長機に大着目。これ、ACE6オリジナルの架空機だよな…。周りにフランカーが飛んでるので、最初東側のカナード付きデルタ翼ということでMiG-1.44かと思ったんだけど、インテーク周りの形状が明らかに違う。そのインテークとか機首周りはラファールに似てるんだけど、今度はノズル形状がラファールと違うし、だいたいラファールの垂直尾翼は1枚だし。強いて言うなら、前進翼部を畳んだときのX-02に一番近い。トレイラー40秒目で確認できる後方視点を見る限り、X-02でもないんだけどね…。むむぅ。
 それにしても、架空機がトレイラー時点で既に顔見せってシリーズ初じゃないかしらん。一応世界観はAC04〜ACE5とつながってるし、これはX-02も期待していいということですかナムコさん、というかバンナムさん。あ、できればグランダーIGの廉価版じゃなくて、空母着艦能力のあるEASA版でお願いします。あと急付けの小弾頭ディスペンサーじゃなくて、ACZみたくちゃんと制式の空対地ミサイルつけてあげてください。

 ところで、世界観のつながりを確認するために世界地図確認したんだけど、今回のアネア大陸は、ACE5のユークトバニアの北方に位置する大陸なのね…。つうか、エメリアとエストバキアの国境の北の海域は、ACE5のラーズグリーズ海峡ですよ…。ウォードッグとリムファクシは、思いっきり他国の目と鼻の先でドンパチやってたのか…散弾ミサイルで。うひゃー。

:ACE COMBAT 6 トレイラー公開
 とりあえず観てみよう…観て…観…

 ヘビーローテ!
 ヘビーローテッ!

 …ねぇ、これ全部プリレンダリングの映像なんだよね?誰かそう言ってくれ。もしこれが全部リアルタイムだったら、ワタシは歓喜のあまり穴という穴から壮絶に何かを噴き出しながら卒倒しますですよ?そして実際のところは本当にリアルタイムレンダリングだという事実。卒倒。
 いや真面目な話、これは本当に凄まじいなぁ…。AC04で初めて実機のデモ画面を見たときにも、予想を超える美麗さに頭をぶん殴られたような衝撃を受けたけど、今回のACE6は、もう一度あの衝撃を味わわせてくれるかもだ。空戦シーンがもはやニアリー実写クオリティ。臨場感ここに極まれり…早く発売しろよバンナム!

 そしてそんな最中、『プロジェクト シルフィード』にアップデートでチャレンジミッションが追加されるというニュース。これはこれで楽しみだ。いや、ゲーム部分はいいゲームなんだよ、箱シルフ…。ゲーム部分だけは。

 だが当面期待しているのは、DSシンプルシリーズのパチモンヴァルケン…もとい、『装甲機兵ガングラウンド』だという事実(笑)。何この微妙にツボ突いたターゲッティング!



暴走野郎バナー
以前のコンテンツはこちら:
うちの本棚いらっしゃい | つれづれなるわたくし | D.M. -DoGA Machines- | 名犬リンクぃんくぃん | 暴走野郎マイナス(もう消したいコレ)
Link FREE / Mail:majio@na.rim.or.jp