暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニュー > 秋山完

秋山完
の作品

『リバティ・ランドの鐘』
『ペリペティアの福音』
『ラストリーフの伝説』
『ファイアストーム −火の星の花嫁−』
『天象儀の星』


秋山完

 ソノラマ文庫を中心に活躍中の作家さん。ワタシ的には、数少ない「作品内容を問わず、作家名だけで安心して決め打ちで買える」作家さんでもある。むかし、全くの守備範囲外だったヤングアダルトの棚に並んでたたまたまこの人の作品を買ったのは、ワタシの従兄が『リバティ・ランドの鐘』を大プッシュしてくれたから。結果、大当たり。いやーありがたいこってす。やっぱり、場面場面でしっかりとツボを押さえてくれてる娯楽作品は読んでておもろいわ。それに、それだけじゃないね、この人。

 秋山完の作品は不思議な作品だ。娯楽性は忘れてない。『ペリペティアの福音』では星間戦争一歩手前の緊迫感のある駆け引きがあるし、『リバティ・ランドの鐘』では遊園地のロボットたちが軍事組織をきりきりまいさせる。どの作品にも読んでいるだけでわくわくしてくる見せ場がある。だけど、秋山完の作品でそれ以上に印象的なのは、物語の中心にいるのがいつでも、英雄ではなく、ごく普通の親切で優しい人々だということ。秋山完の描く世界は、決して登場人物たちに優しくはない。厳しい生活圏で生きている者もいるし、戦いになれば死は皆に均等に降りかかる。でもそんな中で見せる、普通の人々の優しさ勇気は強く胸に迫ってくる。

 SF初心者な人から目の肥えた人まで幅広くオススメの作家さん。最初は『リバティ・ランドの鐘』『ファイアストーム・火の星の花嫁』から手をつけるのが吉かも。あと、さすがに同一世界観の作品群だけあって、読み直すほどに、作品間の結びつきに関する新たな発見があって面白い。読むべし!
 

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi