暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニュー > グレッグ・ベア

グレッグ・ベア
の作品

『ブラッド・ミュージック』
『天界の殺戮』
『女王天使』
『火星転移』
『凍月』
『斜線都市』


グレッグ・ベア

 不思議な作家。この人の書く世界は、どこか不思議な、異様な感じがする。この文を書く前に「女王天使」を読み、「ブラッド・ミュージック」を読み返してみたのだが、やっぱり他の作家とはどこか異質だ。まったくのファンタジーというわけではなく、道具立てはれっきとしたSFなのに、場合によってはどこか神秘的なものさえ感じる。こういう雰囲気も、嫌いじゃない。

 …というのが、昔書いたベアに対する印象だったのだけれど、現在でもその印象はほぼそのままだったりしますです。今でもベアの作品読むたびに思いますですよ、話の起伏も乏しめて、最後が突き抜けて爽快な終わり方するわけでもないベアの作品を、なーんで強エンターテイメント指向人間のわしがほっぽり出さずに読んでるんだろうって(笑)。読んでるからには何か特色があるんだろうけど、それすら厳密にこれと指摘できないのであった。あかんやん。でもなぜか読んじゃうんだよなぁ。とりあえず気になった作品を手にとってみて、ウマが合えば他の作品も読んでみる、みたいな感じで読み進んでいけばよいのではないでしょうか。あ、でも『ブラッド・ミュージック』は呼び声通りの名作なので、どんな人にも一読をオススメしたいです。
 

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi