暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニューグレッグ・ベア > 『ブラッド・ミュージック』

ブラッド・ミュージック
 
グレッグ・ベア
『ブラッド・ミュージック』
小川 隆 訳
ハヤカワ文庫SF708
ISBN4-15-010708-4
621円

グレッグ・ベア
の作品

『ブラッド・ミュージック』
『天界の殺戮』
『女王天使』
『火星転移』
『凍月』
『斜線都市』


『ブラッド・ミュージック』

 「ブラッド・ミュージック」はベアの作品の中で僕が一番好きなもの。ある科学者が会社を首になった時、自分の研究成果である「知性を持った細胞」を保存のために外に持ち出してしまう。しかしその細胞群は、予想よりはるかに高い能力を秘めていたのだ……。
 細胞が蔓延するにつれて人間たちは変化していくのだが、その過程は決して安易なパニックに流れてはいない。むしろ静かな詩的感覚すら感じる。静かに進むメタモルフォーゼ。変化する世界。一味違った上質のSF。場違いかもしれないが、これを初めて読み終えたとき、なぜかまだ小さい頃にテレビで見た「火星年代記」を見終えたときの気持ちを思い出した。ポジティブな姿勢と妙な物悲しさとの混淆。

上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi