暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニューグレッグ・ベア > 『女王天使』

女王天使(上巻) 女王天使(下巻)
 
グレッグ・ベア
『女王天使』(上・下)
酒井昭伸 訳
ハヤカワ文庫SF1176, 1177
ISBN4-15-011176-6, ISBN4-15-011177-4
上巻699円, 下巻699円

グレッグ・ベア
の作品

『ブラッド・ミュージック』
『天界の殺戮』
『女王天使』
『火星転移』
『凍月』
『斜線都市』


『女王天使』

 ふーむ。この作品、SFっちゅうよりは何か、精神と心の問題を描きたかった小説という感じがするなあ。オビにあるようなナノテクうんぬんというのにはイヤな前科があるので、特に惹かれるところはなかったのだけど。話としては、全体のまとまりというのをまるっきり無視してるような感じがする。かといって、それが悪いといってるわけじゃない。それぞれのパートはそれなりに興味深いものだし。ああいかん。すごい優柔不断な文になっとる。できれば、おもろい、つまらん、でスパーっと切って捨てるような書き方をしたいのだが、この作品(に限らず、うちの本棚にあるベアの作品全部に言えることだけど)をそういう観点で切るとフェアじゃないような気がする。こういう作品を消化するのには、こちらにもそれなりの用意が必要なのかな。悪い本ではないと思う。もし、独特の雰囲気を見てみたいのなら、見てみなされ。この作品中にあるベア流の心の解釈は興味深いものがある。ああ、最後まで文がまとまらなんだ。

上巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます 下巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi