暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニューグラント・キャリン > 『サターン・デッドヒート2』

サターン・デッドヒート2(上巻) サターン・デッドヒート2(下巻)
 
グラント・キャリン
『サターン・デッドヒート』
小隅黎・高林慧子 訳
ハヤカワ文庫SF770
ISBN4-15-010770-X
520円

グラント・キャリン
の作品

『サターン・デッドヒート』
『サターン・デッドヒート2』


『サターン・デッドヒート2 ヘキシーの星のライオン

 正真正銘、前作『サターン・デッドヒート』の続編。これもまた古本屋で購入したものだが、こっちは普通の書店においてあるのは見たことがない。置いてあるのを見たら即、手に入れましょう。
 土星系の衛星に遺物を残した異星人、ヘキシーは、人類を彼らの母星へと導くべく、恒星間宇宙船を残していた!異星人の優れたテクノロジーを手に入れうる貴重な機会を前に、ホワイトディンプル船長率いる人類の遠征隊が異星人の宇宙船に乗り込む。彼らは異星で何を見るのか…。
 わはは、出世したなホワイトディンプル。「胸毛の退化した」考古学者が、今や人類の代表を率いる船長だもんなあ。いや、それはどうでもいいんだけど(笑)。
 さて、前作を読んでからこっち、俄然期待の高まった本作ですが、さすがはキャリン、きれいにまとめてます。この作品に出てくる異星人、ヘキシーなど、開き直ったとしか思えないほど人間そっくり(笑)ですが、その後の展開でそれも納得。そう、この話の売りは、ユニークなヘキシー文化。この系統の作品で、ああいう異星人が出てくるとは。彼らの尊重するポリシーは……なのである。いいよなあ、こういう政治形態。例えるならば、吉本新喜劇で政策が決まっていくようなものか?ともかく、笑える。前作でもそう思ったが、グラント・キャリンという人は、ユーモア好きの素敵なおぢさまらしい。
 その他、相変わらず丁寧な細部の描写、わたくしお気に入りの語り口など、安心して最後まで気持ちよく楽しめる上質のSFでした。ほんと、この人の書く作品は、初期のホーガンのような瑞々しさがあるなあ。1ページ1ページが面白いんだ、まったく。おすすめ!

上巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます 下巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi