暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニューオースン・スコット・カード > 『エンダーの子どもたち』

エンダーの子どもたち(上巻) エンダーの子どもたち(下巻)
 
オースン・スコット・カード
『エンダーの子どもたち』(上・下)
田中一江 訳
ハヤカワ文庫SF1344,1345
ISBN4-15-011344-0,ISBN4-15-011345-9
上巻660円,下巻660円

オースン・スコット・カード
の作品

『エンダーのゲーム』
『死者の代弁者』
『ゼノサイド』
『エンダーの子どもたち』
『エンダーズ・シャドウ』


『エンダーの子どもたち』

 ジェインの力を借りて、植民惑星ルジタニアに蔓延するデスコラーダ・ウイルスを無力化する対抗ウイルスを手に入れたエンダーたち。しかし危機は未だ存在していた。叛旗をひるがえしたルジタニアを殲滅し、同時にデスコラーダ・ウイルスを惑星ごと抹消するために、スターウェイズ議会から派遣された粛清艦隊が今も接近中だったのだ。ルジタニアに住まう知的種族…人間、ペケニーノ、バガーを救うために、<外側>のアイウアから生み出されたピーターやヴァル、エンダーの子どもたちが危機に立ち向かい始める…。

 シリーズ完結編だけあって、登場人物たちも間近に迫った破局に対処すべく、ある者はスターウェイズ議会の決定を覆すための工作を行い、あるものは避難先の世界を探すべく宇宙を駆け巡る。ジェインもアンシブル網が断ち切られるその時まで奮闘する。前作で語り尽くされなかった部分がどうなるかを追っていくのは、もちろんシリーズものならではの楽しみ。
 しかし、それよりも大きな部分を占めているのは、エンダーの存在そのもの。今回、永い時を生きてきたエンダーに、遂に大きな変容の時が訪れるのだ。それは子どもたちを変え、周囲の人々に影響を与えていく。この作品の根底にあるのは、その変容の驚異、そして、それによって浮き彫りになるエンダーと子どもたちとの絆、子どもたちの間の絆。決して大げさなものではないけれど、それゆえに心に染み入る。ラストはまさに一つの世代の終わりと始まりの象徴であり、だからこそ万感の想いが湧き上がってくるのだ。

 この作品をもって、エンダーの物語は終わる。しかし、エンダーは生き続ける。エンダーの子どもたちの中に。そしてもちろん、この物語を追いかけてきた、われわれ読者の心の中にも。

上巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます 下巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi