暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニューオースン・スコット・カード > 『エンダーズ・シャドウ』

エンダーズ・シャドウ(上巻) エンダーズ・シャドウ(下巻)
 
オースン・スコット・カード
『エンダーズ・シャドウ』(上・下)
田中一江 訳
ハヤカワ文庫SF1330,1331
ISBN4-15-011330-0,ISBN4-15-011331-9
上巻720円,下巻720円

オースン・スコット・カード
の作品

『エンダーのゲーム』
『死者の代弁者』
『ゼノサイド』
『エンダーの子どもたち』
『エンダーズ・シャドウ』


『エンダーズ・シャドウ』

 異星生物バガーが幾度も地球に侵攻をしかけてくる、そんな時代。ロッテルダムの街はストリートキッドたちが徘徊する地獄の底のような場所だった。しかし、そこを持ち前の才覚でたくましく生き抜いていく小さな少年がいた。彼の名はビーン。彼の優秀な知能は、やがて国際艦隊児童訓練プログラムの徴兵係の目にとまり、ビーンはバトル・スクールの一員となる。そこで彼が見たのは、自分より優秀な指揮官としての才能を見せる少年、エンダーだった…。

 エンダーの部下として戦ったビーンの目を通して語られる、『エンダーのゲーム』の外伝。物語の舞台こそ同じだけれど、ビーンの視界を通して世界を見るのは、まるで劇の舞台裏を覗くかのような面白さがある。言うまでもないことだけれど、『エンダーのゲーム』を読んだ人ならば必読でしょう。
 しかし、ただの舞台裏モノには留まっていない。この話では、ビーンそのものがエンダーに負けず劣らずの魅力的なキャラクターなのだ。常人を凌ぐ優秀な頭脳と、小さな身体でスラムで生き抜いてきた逞しさ。そんなビーンが、様々な難局を才覚で切り抜けていくのを見るのはそれだけでも楽しい。しかも彼は鋭い。エンダーはゲームの中を駆け抜けてきたが、ビーンはゲームの裏の真実を見極める。そんな彼が主人公だからこそ、この物語はただの裏話以上に面白いのだ。

 エンダーシリーズの中でも、娯楽性は一番。他のシリーズと直接のつながりはないので、『エンダーのゲーム』さえ読んでいれば、順番を気にすることなく読めるのもポイント高いですね。

上巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます 下巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi