暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニューウィリアム・ギブスン > 『あいどる』

あいどる
 
ウィリアム・ギブスン
『あいどる』
朝倉久志 訳
角川文庫
ISBN4-04-265904-7
762円

ウィリアム・ギブスン
の作品

『ニューロマンサー』
『カウント・ゼロ』
『モナリザ・オーヴァドライヴ』
『ヴァーチャル・ライト』
『あいどる』
『フューチャーマチック』


『あいどる』

 話上のつながりはほとんどないけど、一応、世界観的には「ヴァーチャル・ライト」の続編。
 世界的に有名なロックバンド、ロー/レズ。噂によると、そのメンバーのレズが、なんと日本のソフトウェア・エージェントの「あいどる」、投影麗(レイ・トーエイ。ヴァーチャル・アイドルですな)と結婚すると言い出したらしい。ショッキングな噂の真偽を確かめるべく、ファンの少女、チアは単身、噂の発生源である東京へと飛ぶ。一方、膨大な情報の中から、キーとなるデータ、結節点を抽出できる特殊能力を持った男、レイニーは、ライデルの口利きで、レズの宣言に困惑するロー/レズのスタッフに雇われ、レズの真意を探り出すべく働くことに…。
 さすがに「ニューロマンサー」ころほどのパワーはないけど、そろそろ繰り出す作品が、ギブスン印の職人の域に入ってきたギブスン。今回の舞台は東京だが、それでもそこに暮らす人々の息づかいや風俗を感じさせる描写力はさすが。出てくるのがヘンな日本人でもあんまり気にならない。それほどヘンじゃないし、そもそも登場人物が全員ヘンだ(笑)。それと、「ニューロマンサー」の頃に比べて、サイバースペース関係の描写がごく自然にとけ込んでいるのも特徴的。少し前に、学校の行事でATRという施設(NTTコミュニケーション科学研究所、らしい)を見学に行ったのだが、そこの人たちは、ほんとに「あいどる」のソナのサイトのようなものを研究してたからなあ。ゆくゆくは、インターネットも本当にあんな感じになってしまうのかもしれん。とにかく、ギブスンは細部に対する描写が生き生きとしている。
 では全体としてはどうかというと、これが実はよくわかんない(笑)。いや、けなしてるわけじゃないよ。面白いんだ、これが。だけど、オチは、なんかあんまりはっきりしない。あれを手に入れて、東京湾で何かをする、というところまでは分かったんだけど…。
 もしもあなたが、「パルプ・フィクション(タランティーノのアレ)」風の与太話が好きな人なら、きっと楽しんでもらえるでしょう。一方、あなたが、話にはきっちり起承転結を求めるタイプなら、ちょっとおすすめしかねるかも。ギブスン好きなら、買い。個人的には結構気に入りました。

上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi