暴走野郎うちの本棚いらっしゃい作品名別メニュー | 作家名別メニュージェイムズ・P・ホーガン > 『プロテウス・オペレーション』

プロテウス・オペレーション(上巻) プロテウス・オペレーション(下巻)
 
ジェイムズ・P・ホーガン
『プロテウス・オペレーション』(上・下)
小隅 黎 訳
ハヤカワ文庫SF740, 741
ISBN4-15-010740-8, ISBN4-15-010741-6
上巻544円, 下巻544円

ジェイムズ・P・ホーガン
の作品

『星を継ぐもの』
『ガニメデの優しい巨人』
『巨人たちの星』
『創世紀機械』
『未来の二つの顔』
『断絶への航海』
『未来からのホットライン』
『造物主の掟』
『プロテウス・オペレーション』
『終局のエニグマ』
『内なる宇宙』
『マルチプレックス・マン』
『時間泥棒』
『インフィニティ・リミテッド』
『量子宇宙干渉機』
『造物主の選択』
『仮想空間計画』
『ミクロ・パーク』
『揺籃の星』


『プロテウス・オペレーション』

 1974年、世界はかつてない暗黒時代を迎えていた。ナチス・ドイツがヨーロッパはおろかアジアやアフリカ、南アメリカまでも支配下においたのだ。もはやアメリカに残された手段は一つだけ…それがプロテウス作戦だ。選りすぐりの工作隊を過去に送り込み、歴史の進路をねじ曲げて、ナチスの野望を未然に叩き潰すのだ!過去に送り込まれたプロテウス部隊は即座に行動を開始するが、やがて予想だにしなかった困難が…そして、歴史の裏で暗躍する謎の組織<オーバーロード>の影が…。

 「プロテウス・オペレーション」はタイムトラベルによる第2次世界大戦の改変もの。ただし、それによって起こる事件の描写が非常に真に迫っている。ストーリーが極めて良くできている(と思う)ので、とっぴなSFはイヤという人もたっぷり楽しめるでしょう。このあたりから、ホーガンの作風に変化が出てきているような気がするが、第2時世界大戦という世相柄、その辺はまだあまり気にならない。ラストが静かに感動。泣かせる。

 …と、ここまでが昔書いてあった紹介なんだけど、わたしゃこの作品は大好きで、このままじゃあまりにアレなのでもうちょっとだけ(笑)。確かにこの辺りから作品に政治色が濃くなって、人によってはその辺りが受け付けない部分もあるかもしれないけど、ワタシがそれさえも目をつぶる気にさせられるのは、やっぱり、話の節目節目の盛り上げ方が上手いからだろうなぁ。作中の表現を借りれば、「あらゆる希望が一方の手の中でひと吹きの煙と共に消滅し、そのあと何か他のものがもう一方の手の中に隠れている」といったあんばい。特に下巻で中心となる、ナチスの<帰還門>の破壊作戦に向かう<アンパーサンド部隊>の活躍には手に汗握るぞ。それに、個人的には、下巻3分の1くらいがたっぷりエピローグとして盛り上げ部分に徹してるのがすき。いい作品だと思うですよ。

 あと、この表紙のナチの<帰還門>のイラスト最高ね(笑)。かっちょええわぁ。

上巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます 下巻を上で紹介されている本をbk1の買い物カゴに入れます

うちの本棚いらっしゃいばな〜あいこん
"Welcome to My Bookshelf"
Presented by KOJIMA Shuichi